ホーム | ブラジル国内ニュース | チリでブラジル人の少女2人が事故死=アンデス山脈での土砂崩れで

チリでブラジル人の少女2人が事故死=アンデス山脈での土砂崩れで

 3日、チリのアンデス山脈の岩山が土砂崩れを起こし、観光で訪れていた7歳と3歳のブラジル人少女が死亡する事故が起きた。3日付現地サイトが報じている。
 亡くなったのは、マラニョン州バカバル出身のカーリダ・トラブルシ・リスボアちゃん(3)とイザドーラ・ブリンジェルちゃん(7)で、両親や他の観光客らと共にバスを降り、徒歩で進んでいた最中に岩が崩れ、断片に直撃された。カーリダちゃんは即死。イザドーラちゃんも、病院に運ばれたが亡くなった。二人の他にも負傷者が出ている。
 二人は同じ学校に通っており、親同士も友人関係にあったため、休暇を利用してチリ観光をしていた。
 事故現場は、首都サンチアゴの近くにあるアンデス山脈のエル・ジェソ湖(貯水池)の近くだった。コルディジェラ県のミレージャ・チョカイール知事は、「この地域が危険な状況にあることは旅行会社などにも通達してあり、バス運行や観光の禁止令も出ていた」と発言している。
 だが、事故現場の市の関係者によると、観光客はバスを降りて徒歩に切り替えたが、危険を知らせる看板などはどこにもなかったという。
 チリでは5月22日にも、サンチアゴ市内のアパートを借りて休暇を過ごしていたブラジル人一家6人が、ガス漏れによる一酸化炭素中毒で亡くなる事件があったばかりだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • コロナ検査少ないブラジル=1千人あたり僅か0・63人2020年4月28日 コロナ検査少ないブラジル=1千人あたり僅か0・63人  英国のオックスフォード大学が作成したデータに基づいてBBCニュースブラジルが行った国際比較によると、ブラジルは新型コロナウイルス感染検査が少ない国の一つであることが分かった。  ブラジル保健省によると、ブラジル国内の公共医療機関では、4月20日までに13万2467件の新型コ […]
  • 国外の在住ブラジル人3800人が立ち往生=1万7千人がブラジル政府の援助で帰国2020年4月29日 国外の在住ブラジル人3800人が立ち往生=1万7千人がブラジル政府の援助で帰国  【既報関連】新型コロナウイルスの世界的大流行で、今でも世界74カ国に約3800人のブラジル人が取り残されていると、28日付のブラジルのニュースサイトが報じた。  ブラジル外務省による、「74カ国3800人」の発表は27日に行われた。新型コロナウイルスが世界中で蔓延し始めて以 […]
  • 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認2020年3月10日 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認  3月9日の時点で、ラテンアメリカ諸国の中で、新型コロナウイルス感染症(COVID―10)の感染者が確認された国は、エクアドル、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの10カ国となった。  アルゼンチンでは7日に、フ […]
  • 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も2020年3月17日 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も  【既報関連】中国や韓国、日本などのアジア諸国、イタリアやフランス、スペインなどに比べると感染ペースの遅いラテン・アメリカ諸国だが、その分、国境閉鎖などの思い切った措置を早めに取り始めていると、16日付ブラジル紙・サイトが報じた。  アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大 […]