ホーム | コラム | オーリャ! | 笑える冗談、笑えない冗談

笑える冗談、笑えない冗談

 昨月24日に、ボウソナロ大統領が記者会見で「小さい」の例えに日本を用いたという件。卑猥な意味も込められた冗談とされているが、ブラジル国内の日本人や日系人の反応は世代によって異なるのが興味深い。
 ブラジルにいる日本人は、概ね冷めた目で見ている印象だ。同氏の連日の言動から「またか」と呆れている、もしくはその手のピアーダ(冗談)は経験済みで、「文句を言っても仕方ない」と無視しているよう。
 他方、弊紙ポ語版のジョルナル・ニッパキ紙の三世、樋口アウド記者がSNSで共有したところ、日系人・伯人から120件近くのコメントが寄せられた。その大半が「笑えない冗談」という批判的なもの。
 ブラジル生まれの二世、三世は「侮辱された」と憤慨し、移民受入れ大国の大統領らしからぬ発言に失望していた。また「彼もイタリア系移民の子孫では」という声も。
 オーリャ子も呆れた反応の部類だが、日系人が差別的発言に憤慨していたのは頼もしく感じた。
 ちなみに28日付のフォーリャ紙では、同紙記者の取材に本紙の高木ラウル社長が「どういうつもりだろうが不快、非難すべき」、石川レナト文協会長が「大笑いした。大統領の好きなように話せばいい」と答えていた。「どっちが日系人を代表してる発言なのか」というコメントがあり、「確かに…」と思ってしまうところも。(亜)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 三重県人は宣伝下手?2019年7月13日 三重県人は宣伝下手?  先日、県連日本祭りが開催され、約19万人来場の盛況を博した。オーリャ子も会場へ出向き、出身の三重県ブースを覗いたが、昼食時で他県ブースが混み合う中、なぜか閑散としていた。  三重県ブースでは椎茸ご飯、唐揚げ、いちご大福を販売。いちご大福は三重県発祥だが、他は「郷土食」だと聞 […]
  • ゲイパレードで“ブラジルの洗礼”2019年6月29日 ゲイパレードで“ブラジルの洗礼”  23日に聖市パウリスタ大通り周辺で開催されたLGBTプライドパレード。オーリャ子も見物に行ったのだが、携帯電話を盗まれてしまった。人混みの中、身動きのとれないところを後ろから突き飛ばされ、体勢を崩した隙にポケットから抜き取られた模様。怪我はなかったが盗人を見失い、途方に暮れた […]
  • チリサポーターの変な応援?2019年6月22日 チリサポーターの変な応援?  17日に行われたコパ・アメリカの日本対チリ戦。オーリャ子も聖市のモルンビ・スタジアムで、圧倒的多数のチリ代表サポーターに囲まれながら日本代表を応援した。  後半30分頃、日本の敗色が濃厚となると、近くのチリサポーターが「ポケモン」コールを始めた。ポケモン(ポケットモンスター […]