ホーム | コラム | 樹海 | 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?

公共交通機関のある環境保護区の指定解除?

 アマゾン基金の用途変更や環境関連の国際会議の開催拒否、銃規制緩和など、時代に逆行する政策が目立つボウソナロ政権でまた、物議を醸しそうな話が浮上した▼インフラ省が環境省に高速道や鉄道、港、空港がある環境保護区の指定基準見直しを求め、60を超える保護区が指定解除となりそうだというのだ。過去の環境相らが5月に一堂に会し、国内外で積み上げてきた努力を覆すような現政権のあり方を批判した記憶も新しい。今回は、「運輸、交通機関を巡る法的な争いなどを避けるため」がその理由だ▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ボウソナロ丸、羅針盤なき旅の怖さ2019年6月27日 ボウソナロ丸、羅針盤なき旅の怖さ  ボウソナロ政権発足から半年。経済回復など、変化を望む人達が期待を込めて選んだはずの大統領だが、期待が大きかった分、早くも失望感を味わっている人が多かろうと感じるこの頃だ▼当選直後から問題を感じていたが、個人レベルの発言なら目をつぶろうと思っていた環境や思想に関連する発言は、国 […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎2019年6月18日 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎  「本にして残せば、その記録は永遠に生きていく、というのが私の信念です」――日本では数少なくなってきた地方出版、その雄ともいえる秋田県の(有)無明舎出版の安倍甲社長(あんばい・はじめ、69、秋田県秋田市在住)が着伯した14日に来社した際、そんな印象に残る言葉を残した。 […]
  • アマゾンやアマゾン基金の行方は?2019年6月6日 アマゾンやアマゾン基金の行方は?  「世界環境デー」の5日を目前にした4日、ブラジル政府がノルウェーとドイツに「アマゾン基金」の規定変更に関する提案書を送付との記事が流れた。08年創設の同基金は、法定アマゾンの保護や保存が目的で、資金の大半は両国からの寄付だ▼同基金の使用目的は、アマゾンの自然破壊の予防と監視、 […]
  • 問題発言なら伯国の大臣も負けてない2019年2月15日 問題発言なら伯国の大臣も負けてない  日本では現在、桜田義孝五輪相の発言が物議を醸している。女子水泳の池江璃花子選手が白血病を患っていると診断されたことに対して「ガッカリだ」「1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」など、池江選手 […]