ホーム | 日系社会ニュース | 三山ひろし夕食会に100人参加=興奮のあまりキスする女性も

三山ひろし夕食会に100人参加=興奮のあまりキスする女性も

野村アウレリオサンパウロ市議から表彰状を受け取った三山ひろし

野村アウレリオサンパウロ市議から表彰状を受け取った三山ひろし

 大盛況だった「松前ひろ子・三山ひろしスペシャルコンサート」終了後、16日午後7時からサンパウロ市ニッケイ・パラセ・ホテルで夕食会が開催された。約100人が参加し、松前ひろ子、三山ひろし、中村仁美と交流を楽しんだ。
 野村アウレリオサンパウロ市議は三山ひろしに、日伯の交流に貢献したとしてサンパウロ市を代表して感謝状を授与。続いて池崎博文リベルダーデ文化福祉協会会長が「サウーデ! ビバ! 乾杯!」と音頭を取り、和やかな夕食会が始まった。
 同市議は「三山さんはブラジルが好き、松前さんはブラジルに住んでも良いと言っていた。ぜひ永住してください!」と述べると、会場は大いに沸いた。

援協から30周年記念史と北島三郎が植樹した木の写真を受け取る松前ひろ子

援協から30周年記念史と北島三郎が植樹した木の写真を受け取る松前ひろ子

 与儀昭雄サンパウロ日伯援護協会会長は、北島三郎の従兄妹である松前ひろ子に、日伯友好病院30周年史と、北島三郎が記念植樹した木の写真を2枚プレゼント。「日伯友好病院建設のために尽力してくれた北島三郎さんに大いに感謝しています。また来てほしいと伝えてください」と語り、前会長の菊地義治氏と共に贈呈した。
 三山ひろしは「今の私たちがあるのは、先人が居たからだと聞いた。素敵な公演ができて自分も嬉しい。長くお付き合いでき、またブラジルに来れるように頑張ります。オブリガード!」と挨拶すると、会場から温かな拍手が送られた。
 松前ひろ子は「北島三郎から『俺はブラジルで人気がある』と聞いていたが、先程の挨拶で7回も名前が出た。本当なんだなぁと思いました」と嬉しそうに語った。

三山ひろしから記念に袴をプレゼント

三山ひろしから記念に袴をプレゼント

 三山ひろしは公演で着用した袴、松前ひろ子は昼公演で着た着物を、主催者の池田マリオ・プロダクションの池田社長に贈呈。ブラジル側からは、池崎会長がサッカー代表のユニフォームとニッケイ・パラセ・ホテルのTシャツを贈った。

松前ひろ子から昼公演の衣装だった着物をプレゼント

松前ひろ子から昼公演の衣装だった着物をプレゼント

 

 

 

 最後に各テーブルの出席者全員と記念撮影を行ったとき、目の前にいる三山ひろしに興奮し、スキを見て頬にキスする70代の女性も。その後も、サインや写真撮影に応え、別れを惜しむ参加者らに笑顔で手を振り、特別な夕食会を終えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 野口総領事の誕生日祝う2019年5月16日 野口総領事の誕生日祝う  リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)が野口泰在聖総領事の誕生会を7日、サンパウロ市のニッケイパラセホテルで開催した。約50人が出席。総領事は53歳を迎えた。  まず下本八郎元サンパウロ州議、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長らによる祝辞のあと、ゴルフウ […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]