ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》路上行商人の新規管理制度を発表=「闇経済終わらせる」と市長

《サンパウロ市》路上行商人の新規管理制度を発表=「闇経済終わらせる」と市長

 サンパウロ市役所は1日、市内に約4万5千人いるとされる路上行商人(カメロー)のオンライン管理システム「ト・レガル」を導入すると発表した。1、2日付現地各紙・サイトが報じている。
 ブルーノ・コーヴァス市長(民主社会党・PSDB)は、「このプログラムは、市内の人通りの多い場所で行われている行商行為の合法性、透明性を高めることを目的としている」と語った。
 カメロー管理システムは既にあり、登録者には登録場所での営業許可証が発行されているが、管理がより簡素化され、許可証の発行も早くなると市は説明している。市長は「市内には4万5千~5万人の行商人がいるが、許可証を持っているカメローは7千人。それ以外は非合法だ。ト・レガル導入の最大の利点は、闇経済を撲滅させられること」と語った。市長によると、従来は最大130日かかっていた許可証発行が、新制度では4日以内で済むという。
 新制度では場所を指定して、最大90日間の営業許可を与える。営業許可期限は延長可能だ。
 行商人はサイトtolegal.prefeitura.sp.gov.brで登録を行い、営業許可料を支払う。許可料は、立地や営業面積で変動するが、最低価格は1日10・72レアル/平米だ。
 サンパウロ市区役所統括局のアレシャンドレ・モドネージ局長によれば、「市内の70%の土地で行商行為が可能だ」という。
 また、行商行為は全て法の管理下におかれ、非合法商品や違法コピー商品の取り扱いは禁止される。こうした違反の取り締まりは、各区役所の担当業務となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市IPTU=一括と初回の支払期日終了=免税資格者や申請手続きは2019年2月28日 サンパウロ市IPTU=一括と初回の支払期日終了=免税資格者や申請手続きは  サンパウロ市の都市不動産所有税(固定資産税、IPTU)は、1月17日~2月14日に払い込み通知が送付されており、2月1~28日が、一括払いと初回分割分払い込みの期日となっている。  分割払いの場合の払い込み票は、初回分の払い込み後に一括して送られてくるため、各月の払い込み期 […]
  • 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に2019年2月19日 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に  サンパウロ州では昨年、ほぼ36時間に1人の割合で、女性を狙った犯罪(フェミシジオ)で殺害事件が起きていたことがわかった。18日付現地紙が報じている。  州保安局のデータによると、州内で殺人事件(この場合、強盗殺人と故意の殺意が無かった場合は除く)によって亡くなった女性の数は […]
  • サンパウロ州=麻疹患者40日で7倍に=都電の駅にも接種ポスト2019年7月18日 サンパウロ州=麻疹患者40日で7倍に=都電の駅にも接種ポスト  【既報関連】保健省が17日、今年に入ってからの全国の麻疹(はしか)患者は426人で、感染の有無確認中の擬似症患者も810人いると発表したと同日付G1サイトが報じた。  真性患者の報告は7州から出ているが、特出しているのは、82%に当たる350人の感染が確認されている […]
  • 《ブラジル》教育省=「基礎教育重視」の裏側で=高等教育の現場の窮状続々と=中断中の建設工事543件2019年7月16日 《ブラジル》教育省=「基礎教育重視」の裏側で=高等教育の現場の窮状続々と=中断中の建設工事543件  【既報関連】教育省が11日に、2022年までに4900の保育所建設などを含む「基礎教育充実のための国家戦略」を発表したが、その一方で、支出削減を受け、いくつもの大学で留学取り止めなどの影響が出ている。また、建設工事などの大きな事業が543件も中断されている。  15 […]
  • サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役2019年7月11日 サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役  サンパウロ州海岸部プライア・グランデで8日、連警がイタリア人のニコラ・アシジ(61)、パトリック・アシジ(36)親子を、母国のマフィア、ヌドランゲタの南米調整役との容疑で逮捕したと9日付現地紙が報じた。  同親子は世界有数の麻薬密売者で、南米と欧州南部を結ぶ麻薬密売 […]