ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=「舟を頼んだ男が銃を捨てた」=マリエレ市議ら殺害の武器か

リオ市=「舟を頼んだ男が銃を捨てた」=マリエレ市議ら殺害の武器か

昨年3月に殺害された故マリエレ・フランコ市議(Renan Olaz/Câmara Municipal do Rio)

 昨年3月14日にリオ市議のマリエレ・フランコ氏とその運転手が殺害された件で、犯罪者らが使った武器が海に捨てられた可能性があり、警察が海軍に協力を要請したと、3日付現地紙サイトが報じた。
 武器が海中に捨てられた可能性があるのは、事件から丸1年を経た3月14日。リオ市西部ケブラ・マル区の漁師が匿名で、チジュッカス島付近で釣りをしたいと言われて舟を出したが、「依頼主がかなり重い段ボール箱やトランクなどを持ち込み、沖に出た時点で複数の火器を海に捨てた」と証言したという。
 3月22日にG1が取材したところ、証言者の仲間の漁師達も、依頼主がダンボール箱などを持ち込んだ場面や、その後に市警が現場を捜索したのを見たという。
 火器廃棄に先立つ3月12日には、ルーメ作戦の名の下で、実行犯とされる退役軍警のロニイ・レッサ容疑者と車を運転していたとされる元軍警のエウシオ・ヴィエイラ・デ・ケイロス容疑者が逮捕されている。
 市警によると、3月14日に捨てられたのは、レッサ容疑者が銃組み立て用に使っていたペシンシャ区のアパートから持ち出された品で、持ち出したのはマルシオ・モンタヴァノ容疑者(通称マルシオ・ゴールド)だという。市警は同日、この家屋を探し当てたが、組み立て用の机以外は、もぬけの殻だったという。
 警察によると、火器搬出は、レッサ容疑者の妻(エライネ)やその兄弟(ブルーノ)、ジョジナウドと呼ばれる男性の3人も手伝っており、廊下には、小銃117丁が押収されたメイエル区の家にあったのと同様のダンボール箱が落ちていたという。
 60レアルで舟を出した漁師は、チジュッカス島の近くで、男性が小銃6丁とトランクを海に投げ込んだのを見た。ダンボール箱から出した黄色や青の小箱も捨てた後、岸に戻るよう依頼した男性は、300レアルを払い、タクシーで立ち去ったという。男性は30~35歳で肌の色は明るい褐色、痩せ型で両腕に刺青をしていたという。
 海軍は3月末にも数日間、沖合いの捜索を行っているが、市警担当者は3日に海軍を訪れ、再度の協力を要請。潮の流れや使える機材などの検討も行ったという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ=元市議が複数殺害に関与?=マリエレ市議や民兵トップら2020年9月10日 リオ=元市議が複数殺害に関与?=マリエレ市議や民兵トップら  リオ市警とリオ州検察局は9日、2014年に起きたミリシア殺害事件に関して、元リオ市議のクリスチアーノ・ジロン氏と、マリエレ・フランコ元リオ市議殺害事件の実行犯として逮捕されているロニー・レッサ容疑者とつながりのある人物の家宅捜査を行った。  今回の捜査は、ファベーラ […]
  • 東西南北2020年8月5日 東西南北  外出自粛規制が緩和されつつある昨今のサンパウロ市だが、そこにシクロヴィア(自転車専用道)の使用が加わりつつある。3日、シクロヴィアの中でも特に有名なマルジナル・ピニェイロス沿いが再開された。繁華街のピニェイロスから、オフィス街のベリーニ、南部の交通の中継地のサントアマーロなど […]
  • 《リオのカーニバル》「ワクチン無しなら開催不可」=主要サンバチームが強く主張2020年7月16日 《リオのカーニバル》「ワクチン無しなら開催不可」=主要サンバチームが強く主張  リオのカーニバルに参加するスペシャル・グループに属するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)から「コロナウイルスのワクチンが開発されない状態なら、パレードはできない」との意見があがっているという。15日付伯字サイトが報じている。  これは14日、リオのカーニバルを主 […]
  • 《リオ》大型私兵組織リーダー逮捕=大統領長男との気になる関係=マリエレ事件に関与も2020年7月1日 《リオ》大型私兵組織リーダー逮捕=大統領長男との気になる関係=マリエレ事件に関与も  リオ市で6月30日朝、州検察局と市警合同による捜査が行われ、「犯罪オフィス(エスクリトリオ・ド・クリーミ)」と呼ばれる暗殺請負集団が逮捕された。このグループは、リオ市のミリシア(私兵組織)の大物でボルソナロ大統領長男フラヴィオ上議とも親交が深かったアドリアーノ・ノブレ […]
  • 《ブラジル》マリエレ事件殺害犯の協力者を逮捕=「大統領一家は無関係」と市警2020年6月11日 《ブラジル》マリエレ事件殺害犯の協力者を逮捕=「大統領一家は無関係」と市警  2018年3月に起きたマリエレ・フランコ・リオ市議と運転手アンデルソン・ゴメス氏殺害事件に関し、実行犯が犯行に使った銃器を預かっていた容疑で、消防士のマクスウェル・シモンエス・コレア容疑者(通称スエル、44)がリオ市で10日朝逮捕された。市警は同事件へのボルソナロ大統 […]