ホーム | ブラジル国内ニュース | 米国・メキシコ国境の川でブラジル国籍の女児が流される=ハイチ人集団密入国の過程で

米国・メキシコ国境の川でブラジル国籍の女児が流される=ハイチ人集団密入国の過程で

 米国の税関・国境取締局(CBP)は3日、2歳の女児が1日に米国とメキシコの国境を流れるグランデ川で行方不明になったと発表。4日付ブラジル国内各紙が報じている。
 女児の名前はアリアちゃんで、ハイチ人の母マリー・ローズ・ジョセフさん(28)はアリアちゃんと共に米国に不法入国を試みていた。女児はブラジル生まれだ。
 ジョセフさんは1日の夜、テキサス州デル・リオでメキシコと米国の国境を越えた際に逮捕された。逮捕時に彼女は、「来る途中で娘と離れ離れになった」と米国当局者に告げた。
 デル・リオと国境を接するメキシコのアクーニャ市消防によると、アリアちゃんが行方不明になったとき、12人のハイチ人(大人)がグランデ川を越えての密入国を試みていたという。
 ジョセフさんはアリアちゃんをショールで腕に縛り付けていたが、夜で暗かった上、川の流れが速く、アリアちゃんは急流にのまれてしまった。
 米国とメキシコの当局者による捜索は、アリアちゃんが流されたその日から3日まで継続されているが、アリアちゃんはまだ発見されていない。
 捜索活動にはボート、潜水夫、遠隔操作式潜水機が参加、上空からヘリも使われた。捜索隊は、2歳児の小さな体は何キロも流されてしまったのではと懸念している。
 ジョセフさんと夫のジーン・ユネル・フォレスタルさん(36)は、同時に密入国を試みた10人のハイチ人と共に、隔離された状態でデル・リオの移民センターに拘束されている。
 ブラジル外務省は在テキサス州ヒューストンの伯国総領事館と連絡をとり、情報を得ているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》8割は基本的な書類さえ持たず=刑務所を出た後の生活見据え2019年7月23日 《ブラジル》8割は基本的な書類さえ持たず=刑務所を出た後の生活見据え  ブラジル国家法務審議会(CNJ)は、ブラジル国内の26州と首都ブラジリアがある連邦直轄区(区分上、州扱い)の内、刑務所の収容者が市民生活を送るために必要な種々の書類(文書)の管理が出来ているのは5州だけと発表した。  ブラジル最高裁長官にしてCNJ会長でもあるジアス・トフォ […]
  • ブラジル連邦政府、イメージアップ戦略を立案=「ブラジルを愛して」と諸外国に呼びかけ2019年7月19日 ブラジル連邦政府、イメージアップ戦略を立案=「ブラジルを愛して」と諸外国に呼びかけ  議会休会前に下院で社会保障制度改革案の1回目の承認を果たした政府は、国内での愛国主義ムードの盛り上げと、対外的なボウソナロ政権のイメージアップを狙っていると、18日付現地紙が報じた。  大統領府社会通信局(Secom)は9月7日の独立記念日の前後を“ブラジル週間”とし、商業 […]
  • サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少2019年7月23日 サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少  サンパウロ市の市立病院の救急外来利用者(緊急外来は除く)が、人口増加率を上回るペースで増えていると21日付現地紙が報じた。  市立病院は統一医療保健システム(SUS)が使え、診察や病院内での投薬、検査などは全て無料の上、24時間対応してもらえる。  問題は、受付から診察や […]
  • 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で2019年7月17日 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で  10年に1度の国政調査を前に、経費削減のため、地理統計院(IBGE)が今回調査の質問数を26に減らした。ただし、全世帯の約1割を対象とするサンプル調査用の質問票は76の質問があり、より詳細な情報を集める事ができる。  入力端末の使い勝手や質問の要領などを体得する意味も込めた […]
  • 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始2019年7月17日 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始  しつこい勧誘や売り込み電話に悩んでいるブラジル市民に朗報だ。16日からこうした電話を無料でシャットアウトするサービス、「ノン・ミ・ペルトゥルビ(私を邪魔しないでの意)」が始まったと、15、16日付現地サイトが報じている。 希望者は、専用サイトwww.naomeperturb […]