ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》未明に路上生活者2人が死亡=寒波による冷え込みが原因か

《サンパウロ市》未明に路上生活者2人が死亡=寒波による冷え込みが原因か

 関連前線の通過に伴って、強い寒波に見舞われたサンパウロ市で21日未明、路上生活者2人が遺体で発見された。
 路上生活者の世話をしている、カトリック司牧会司祭のジュリオ・レナト・ランセロッチ氏によると、遺体には暴行などを受けた跡はなく、低体温症を起こして亡くなったと思われるという。
 最初の遺体は、市内中央部パルケ・ドン・ペドロにあるバスターミナルの傍のジェネラル・ジャルジン街、もう一人の遺体は市西部リオ・ペケーノ大通りで見つかった。二人の遺体は死因解明のため、法医学研究所に運ばれた。
 サンパウロ市は、19日の寒冷前線通過以降、強い寒波に見舞われており、21日朝6時には市北部の観測所でも、今年最も低い、最低気温9・6度を記録した。市内の平均の最低気温は8度ともいわれている。
 市西部で見つかった遺体は、34歳のマルシアノ・ダ・シウヴァ・コレイア氏のものである事が判明した。同氏には子供が4人いるが、アルコール中毒で、母親が路上生活から抜け出せるよう、一生懸命に働きかけていたが、叶わなかった。
 市中央部で見つかった22~24歳と見られる男性の遺体は、まだ身元が判明していない。
 サンパウロ市役所は、17日から9月30日までの予定で、低温状況のための緊急時計画を立てており、気温が13度を割った時は路上生活者を収容施設に移動させたりしている。21日の未明も、プロント・ソーシャル・ケア調整局職員が、326人の路上生活者を収容施設に運んでいた。
 市役所によると、気温が低下した時のための収容施設は、市中央区に100人分、ラッパ区に80人分用意されている。通常の路上生活者用収容施設は計1万4千人分の収容能力があるが、亡くなった二人はこれらの施設の恩恵を受け損なったといえる。
 カトリック司牧会では寒さ対策のための毛布や防寒着のストックが足りなくなっており、広く、寄付を呼びかけている。寄付の品は、サンパウロ市中央部ジャウマ・ヅットラ街3番にある「カーザ・デ・オラソン(祈りの家)」か、ベレン区タクアリ街1100番のサンミゲル・アルカンジョ教会で受け付けている。(21日付アジェンシア・ブラジル、G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》国内便利用者が76%減少=航空会社は3千人近くを解雇2020年10月22日 《ブラジル》国内便利用者が76%減少=航空会社は3千人近くを解雇  ブラジル民間航空監督庁(Anac)の公式サイトによると、第3四半期の国内便利用者は721万8207人で、昨年同期の3050万人と比べると76%減った。  Anacによると、第3四半期で最も良かったのは9月の319万4904人で、8月の231万8308人を大幅に上回っ […]
  • 《ブラジル》中国製ワクチン巡り激しくさや当て=保健省が購入宣言後に大統領が撤回=ドリア州知事「国民を優先すべき」2020年10月22日 《ブラジル》中国製ワクチン巡り激しくさや当て=保健省が購入宣言後に大統領が撤回=ドリア州知事「国民を優先すべき」  保健省は20日午後、新型コロナウイルスのワクチンとして、中国製の「コロナバック」を4600万回分購入すると発表した。だが翌日になって、ボルソナロ大統領が「購入しない」と宣言し、波紋を投げかけている。21日付現地紙、サイトが報じている。  エドゥアルド・パズエロ保健相 […]
  • 《ブラジル》コーロル元大統領を収賄疑惑で再捜査=110万レアルの資産凍結2020年10月22日 《ブラジル》コーロル元大統領を収賄疑惑で再捜査=110万レアルの資産凍結  21日、連邦警察による「キント・アト作戦」が行われ、元大統領のフェルナンド・コーロル上議(社会秩序共和党・PROS)が家宅捜索の対象となった。21日付現地紙が報じている。  今回のキント・アト作戦は、2014年から2015年にかけて行われた贈収賄工作に関するもの。そ […]
  • 東西南北2020年10月22日 東西南北  20日、サンパウロ市では前日に続いて午後に激しい雨が降り、各地で被害が報告された。大サンパウロ都市圏にまで広げてみた場合、消防には洪水で44回、倒木で44回、土砂崩れで4回の通報があったという。サンパウロ市内では前日に続いて北部での被害が大きく、豪雨で押し流された車が次々と路 […]
  • 金井駐在武官着任、初来聖=「古き良き日本文化に感動」2020年10月22日 金井駐在武官着任、初来聖=「古き良き日本文化に感動」  在ブラジル日本国大使館付きの防衛駐在官(三代目)に就任した金井茂樹一等陸佐(熊本県、44歳)が10月6日、ブラジル熊本県文化交流協会の清原健児会長と日下野良武理事長と共に来社した。  金井駐在官は熊本県玉名市生まれ。同市立鍋小学校、岱明(たいめい)中学、玉名高校、防 […]