ホーム | ブラジル国内ニュース | (伯米首脳会談)トランプのペースで進む? 見返り付のOECD入後押し ベ国問題での協力求められる 米国に有利な条約も締結

(伯米首脳会談)トランプのペースで進む? 見返り付のOECD入後押し ベ国問題での協力求められる 米国に有利な条約も締結

ボウソナロ、トランプ両大統領の会見、左端はエドゥアルド氏(Isac Nóbrega/PR)

ボウソナロ、トランプ両大統領の会見、左端はエドゥアルド氏(Isac Nóbrega/PR)

 訪米中のボウソナロ大統領は19日、ホワイトハウスでトランプ大統領と首脳会談を行った。トランプ大統領はこの会談で、ブラジルの経済協力開発機構(OECD)入りを推薦することを約束したが、その見返りも要求。米国にかなり有利になる条約締結などもあったようだ。20日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ