ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火

《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火

 サンパウロ市に隣接するグアルーリョス市で10日の午前0時、家屋の中で、父、母、2歳の男の子の一家3人が死亡しているのが見つかった。同日付現地各サイトが報じている。 
 3人の遺体が見つかった部屋からは、シュラスコ(バーベキュー)を行うための器具(シュラスケイラ、持ち運び可能で、部屋添え付けではない)も発見された。
 警察によると、一家が住んでいたのは賃貸住宅で、1カ月ほど前に転居してきたという。
 家主は、7日以降、明かりがついているのに、家に鍵がかかったままなのを不審に思い、9日の夜、警察に通報した。気になった家主は、警察が到着する前に予備の鍵で入ってみており、3人が倒れているのを発見したという。父親のウリデス・リマ・モレイラさんは息子のブレノ・ピニェイロ・モレイラ君(2)を抱きかかえるようにして、2人でベッドの上に倒れており、母親のジウマラ・ピニェイロ・デ・ジェズスさんはベッドの脇に倒れていた。移動式救急医療サービス(Samu、救急車)が呼ばれたが、3人は既に死亡していた。
 現場にあった、火がついた炭の入ったシュラスケイラが特に警察の注意をひいた。死体には暴行を受けた後も、部屋に誰かが入った形跡もなかったため、警察は、暖をとろうとしてシュラスケイラに火をつけたが、部屋の換気が悪く、炭が不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒にかかったと考えている。
 事件はグアルーリョス市第7地区警察署が担当し、遺体はグアルーリョス市の法医学研究所に運ばれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで2019年9月10日 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで  ブラジル国内17州で2日から、携帯電話の通話プラン、プレ・パーゴ(前払い型)の契約者の再登録が始まったと、2日付地元ニュースサイトが報じた。  再登録が始まったのは、アラゴアス、アマゾナス、アマパー、バイーア、セアラー、エスピリトサント、マラニョン、ピアウイ、リオ・グランデ […]
  • サンパウロ市=6日に市内バスがスト=路線再編などに反対し2019年9月7日 サンパウロ市=6日に市内バスがスト=路線再編などに反対し  6日、サンパウロ市内のバスがストを行い、市民の足に影響が出た。6日付現地紙などが報じている。  実際には、5日午後も44のバスターミナルの内23を閉鎖するなどして、市民を戸惑わせており、その後に持たれた総会で6日にスト決行と決まった。これを受け、サンパウロ州地裁は5日夜、「 […]
  • サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結2019年9月10日 サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結  サンパウロ市は6日、市内のバスシステムに関する長期契約をバス業者との間で締結。これで5日から続いていたバスのストも終結した。7日付現地紙が報じている。市とバス業者が結んだ契約期間は、両者が希望していた20年間ではなく、15年間となった。  サンパウロ市では2013年から、緊 […]
  • サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?2019年8月31日 サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?  サンパウロ市の麻疹(はしか、サランポ)の患者の地区別データが発表され、市内のどこで真性患者や擬似症患者が多いかが明らかになった。30日付現地紙が報じている。  28日のサンパウロ州保健局の発表によると、サンパウロ市では1637人の感染が確認され、1人の死亡が報告されている。 […]
  • サンパウロ州ドリア知事が性の概念に関する教科書回収=ボウソナロもそれに続く2019年9月6日 サンパウロ州ドリア知事が性の概念に関する教科書回収=ボウソナロもそれに続く  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は4日、州立校の8年生の教科書に掲載されていた性の概念(ジェンダー・イデオロギー)に関する箇所を問題視し、教科書を回収させた。ボウソナロ大統領はそれを受け、基礎教育課程で性の概念を取り上げることを禁ずる法案作成を教育省に命じた。5日付エスター […]