ホーム | 日系社会ニュース | ペルー=眞子さま百周年記念碑に献花=ラ・ウニオンへのご訪問も

ペルー=眞子さま百周年記念碑に献花=ラ・ウニオンへのご訪問も

日本人ペルー移住100周年記念碑への献花に臨まれる眞子さま(ペルー新報提供)

 【ペルー新報11日付より抜粋】10日午前、ペルーご訪問中の眞子さまはリマ市ヘスス・マリア区のカンポ・デ・マルテ公園内にある日秘友好の橋をご訪問された。ペルー日系人協会のアベル・フクモト会長、ヘスス・マリア区のホルヘ・キンタナ区長、ペルー日系諸団体の代表者、日系人学校4校の生徒らが眞子さまを迎えた。
 日本人ペルー移住100周年記念碑への献花は、生徒たちのコーラスによる両国国歌の斉唱から始まった。
 続いてフクモト会長が記念碑について、ペルーへ最初に日本人移住者が到着したことを象徴していると説明。その後、眞子さまは日本人ペルー移住100周年記念碑に花を捧げられ、深々とお辞儀をされた。
 続いて、日系人校のラ・ウニオン校と日系人クラブのラ・ウニオン運動場協会をご訪問。ラ・ウニオン校では、生徒らが日ペルー両国の国旗を振る中、ラ・ウニオン教育サービス協会のユリ・キツタニ会長及びラ・ウニオン校のエディット・マルティネス・ロフ校長らが眞子さまを迎えた。
 同校の多目的室では、ロラ校長が眞子さまに歓迎の言葉を述べた。続いて、生徒らが琉球舞踊、日本舞踊、ペルーの民族舞踊を披露した。
 その後、眞子さまはラ・ウニオン運動場協会の日本庭園に向かわれた。同協会のジミー・シマブクロ会長が迎え、ペルー日系社会における同校及び同協会の役割を説明した。
 眞子さまは、日本庭園で松を植樹。同協会内のゲートボール場に向かわれると、ペルーで1983年に始まったゲートボールを楽しむ会員らに笑顔で手を振られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 商議所昼食会=「日本の技術力に高い関心」=亜国福嶌大使が進出強く訴え2016年5月31日 商議所昼食会=「日本の技術力に高い関心」=亜国福嶌大使が進出強く訴え  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の定例昼食会が20日、サンパウロ市チボリホテルで開催された。亜国の福嶌教輝特命全権大使を招待し、同国の展望をテーマについて講演が行なわれた。 昨年末にマウリシオ・マクリ氏が大統領となった亜国。福嶌大使は「停滞していた経済対策として、インフ […]
  • 自分史 戦争と移民=高良忠清=(1)2017年3月8日 自分史 戦争と移民=高良忠清=(1)  私は昭和十年(一九三五年)、沖縄那覇市字小禄(オロク)屋号新大屋(ミウフヤ)の七男として生まれました。長男から三男までは昭和十一年(一九三六年)に移民としてブラジルにわたり、四男夭死、残った五男、六男、三女と私は両親と一緒に暮らしていました。 シリから一番  七歳なると私 […]
  • 歩こう友の会=サン・ペードロへ小旅行2010年8月4日 歩こう友の会=サン・ペードロへ小旅行 ニッケイ新聞 2010年8月4日付け  リベルダーデ歩こう友の会は28、29日の二日間、世界第二の濃度といわれる硫黄鉱泉で有名なアグアス・デ・サンペードロ(サンパウロ市から182キロ)へ一泊二日の小旅行を行なう。 […]
  • アグア・ブランカ=オルト・フルト祭り14日から=9県が食ブースで出店2008年11月11日 アグア・ブランカ=オルト・フルト祭り14日から=9県が食ブースで出店 ニッケイ新聞 2008年11月11日付け  ブラジル日本都道府県人会連合会(与儀昭雄会長)とサンパウロ州政府の共催により、十四日から十六日までの三日間(午前十時~午後六時)、サンパウロ市内のアグア・ブランカ公園(Av.Francisco […]
  • 老ク連113人集める=恒例ミニカラオケ大会2003年6月12日 老ク連113人集める=恒例ミニカラオケ大会 6月12日(木) […]