ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上半期の正規雇用が41万人増=5年ぶりの好結果と経済省

《ブラジル》上半期の正規雇用が41万人増=5年ぶりの好結果と経済省

経済省のブルーノ・ダルコルモ労働局長(Jose Cruz/Ag. Brasil)

 ブラジル経済省は25日、今年6月の国内の正規雇用の増減を示した全就労・失業者台帳(Caged)を発表。6月の結果が出たことで、今年上半期の結果も同時に判明し、正規雇用40万8500人分の純増だった事がわかった。25、26日付現地紙、サイトが報じている。
 40万8500人純増は、上半期の結果としては2014年以来、5年ぶりの好結果だ。部門別では、サービス業が27万2千人純増でトップだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2011年8月5日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2011年8月5日付け  ビオラ、パンジー、バラなど食用できる花はエディブル・フラワーと呼ばれる。ヨーロッパでは数百年前から花を食する習慣があり、日本でも古くから桜や菊などが食されてきた。 […]
  • コラム オーリャ!2005年8月13日 コラム オーリャ!  「浜辺の歌」など各会でよく歌われる昭和の曲を聞いて、来伯当初よりも胸が熱くなることが多くなった。 […]
  • 中世と戦後日本の「笑い」=日文研の細川教授らが講演=基金2007年7月21日 中世と戦後日本の「笑い」=日文研の細川教授らが講演=基金 2007年7月21日付け  国際交流基金サンパウロ日本文化センター主催の「国際日本文化研究センター(日文研)教員による音楽と演劇の講演」が、八月二日午後七時半から同交流基金(Av […]
  • 生け花は「引き算の美しさ」=池坊専永宗匠=さらなる普及目指す2005年4月28日 生け花は「引き算の美しさ」=池坊専永宗匠=さらなる普及目指す メールマガジン ■コロニアニュース ■ブラジル国内ニュース ■コラム ■企画 ■会社案内 […]
  • 各候補・陣営の動き=谷広海候補2005年4月19日 各候補・陣営の動き=谷広海候補 4月19日(火)  仕出弁当を支持者に用意するなど配慮を見せた谷候補。Yシャツの腕をまくって、投票会場内を精力的に動いた。というのも、法人七社、個人十氏の委任状を抱え、自ら煩雑な手続きをこなしたためだ。 […]