ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国政に大統領夫人の影響?=「ファースト・レディの頼みは断れないだろ」と大統領が堂々と発言

《ブラジル》国政に大統領夫人の影響?=「ファースト・レディの頼みは断れないだろ」と大統領が堂々と発言

ミシェレ・ボルソナロ氏(左)とオズマール・テーラ市民相(Abelardo Mendes Jr./Ministério da Cidadania)

 「ミシェレ夫人は、閣僚よりもボルソナロ大統領への影響力が大きい」―。ボルソナロ大統領が就任してから半年余り。ミシェレ夫人は既に、現政権の大半の閣僚より多く、自分の意見を夫の政策に反映させた。最新の例では、ダマレス・アウヴェス女性家庭人権相の意見に反し、国勢調査に自閉症に関する質問を入れさせている。
 ミシェレ夫人はこれまでの大統領夫人とは違って、普段は大統領府ではなく、市民省や女性家庭人権省の入っているビルで執務している。役職は愛国ボランティア計画に関する審議会の議長だ。
 政府の最重要課題である社会保障制度改革においてもミシェレ夫人の意見が採用され、重度の障害のために働けない人たちへの年金は全額支給との文言が盛り込まれた。
 ジャイール・ボルソナロ大統領(社会自由党・PSL)が、前妻との間に出来た三男エドゥアルドを駐米大使に付けることに意欲満々で、批判されると「息子優遇の何が悪い」と言ってのけたことはよく知られている。
 ボルソナロ大統領は妻からの要請や提案に関しても、「ファースト・レディの頼みは断れないし、遅らせることも出来ない。彼女の言葉はとっくに特別局長に伝えた。彼は聞き入れるだろう」と悪びれずに語り、 大統領夫人の国政介入に問題があると認識している様子さえも見せなかった。
 大統領はフェイスブックを使っての生動画配信を好むが、そこでも、「妻のインスタグラムをフォローしてくれ。自分の妻だから言ってるんじゃない。彼女の仕事は素晴らしいんだ」と語っている。(29日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大2020年10月15日 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大  ボルソナロ大統領は13日、交通法改正案を一部拒否権を行使しつつ裁可した。14日付連邦官報に掲載された同改正法では、運転免許証(CNH)の有効期限延長や、ポイント数を40に拡大することなどが盛り込まれている。公布から180日後に発効。13日付G1サイトなどが報じた。 […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]