ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中

リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中

 リオ市南部のコパカバーナで1日夜、チリ人観光客が刃物を持った男に襲われ、ケガをするという事件が起きた。
 被害者の名前などは公開されていないが、夜10時頃、恋人と海岸を散歩していたところ、パウラ・フレイタス街に入ったところで、行商人らしき男に行く手を塞がれたという。
 被害者は何も買うつもりがなく、そのまま行き過ぎようとしたが、男がいきなり刃物で切りつけてきたという。被害者は腕と胸にケガを負ったものの、何とか逃げおおせた。所持品は何も盗まれていないという。
 被害者はコパカバーナの救急外来で応急措置を受けた後、ミゲル・コウト病院に転送された。医師によると、傷はどれも浅いという。同件は、観光客を専門に扱う観光署に登録された。
 リオ州のウィルソン・ヴィッツエル知事は事件後、コパカバーナ地区の行商人を洗いざらい調べて、花火や刃物など、人を傷つける可能性がある品や、凶器となり得る品を持っていたら、即座に没収するよう命じた。
 同州観光局のオタヴィオ・レイテ局長は、リオ市とチリとの間の航空便は増便される予定で、同国からの観光客は今後も増えると予想されている事を取り上げ、「観光と治安は、世界中どこに行っても両立させなければならないもの。チリは特に、我々にとって大切な国だ」と述べた。(2日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • コロナ検査少ないブラジル=1千人あたり僅か0・63人2020年4月28日 コロナ検査少ないブラジル=1千人あたり僅か0・63人  英国のオックスフォード大学が作成したデータに基づいてBBCニュースブラジルが行った国際比較によると、ブラジルは新型コロナウイルス感染検査が少ない国の一つであることが分かった。  ブラジル保健省によると、ブラジル国内の公共医療機関では、4月20日までに13万2467件の新型コ […]
  • 国外の在住ブラジル人3800人が立ち往生=1万7千人がブラジル政府の援助で帰国2020年4月29日 国外の在住ブラジル人3800人が立ち往生=1万7千人がブラジル政府の援助で帰国  【既報関連】新型コロナウイルスの世界的大流行で、今でも世界74カ国に約3800人のブラジル人が取り残されていると、28日付のブラジルのニュースサイトが報じた。  ブラジル外務省による、「74カ国3800人」の発表は27日に行われた。新型コロナウイルスが世界中で蔓延し始めて以 […]
  • 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認2020年3月10日 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認  3月9日の時点で、ラテンアメリカ諸国の中で、新型コロナウイルス感染症(COVID―10)の感染者が確認された国は、エクアドル、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの10カ国となった。  アルゼンチンでは7日に、フ […]
  • 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も2020年3月17日 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も  【既報関連】中国や韓国、日本などのアジア諸国、イタリアやフランス、スペインなどに比べると感染ペースの遅いラテン・アメリカ諸国だが、その分、国境閉鎖などの思い切った措置を早めに取り始めていると、16日付ブラジル紙・サイトが報じた。  アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大 […]