ホーム | ブラジル国内ニュース | 米中貿易戦争=中国の大幅元安容認で加熱=ブラジル含む世界経済にも影響

米中貿易戦争=中国の大幅元安容認で加熱=ブラジル含む世界経済にも影響

 【既報関連】トランプ米大統領が1日、中国からの輸入品3千億ドル分に10%の追加関税を課す意向を示したことを受け、中国政府は5日、過去10年で初の1ドル=7元を超える元安を容認すると共に、米国産の農産品の輸入を一時停止するなど、両国間の貿易戦争が激化している。
 この影響は世界経済全体に及び、5日のサンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)はマイナス2・51%の10万97ポイントを付け、ドル/レアル相場も1・66%ドル高の1ドル=3・96レアルとなった。6日付ブラジル各紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ