ホーム | コラム | 樹海 | 父と子の絆を描くメッセージ

父と子の絆を描くメッセージ

 父の日(8月第2日曜日)が近づいている。ブラジルでは、6月の恋人の日と10月の子供の日の間を埋めるため、8月に決めたと聞いた事がある。理由はともあれ、父親への敬意や感謝を覚え、示す日は、大切にして欲しい。そういう意味で、この時期にSNSでよく流れる、息子が父親をレストランに連れて行く、次のような話を思い出す▼高齢で脳血管障害の後遺症も残る父親が、食べ物をこぼしたりしながら食事をする様子を、周囲の人は冷ややかな目で眺めている。息子は何も意に介さず、にこやかに見守る。父親が食べ終わると、息子は手伝って立ち上がらせ、トイレに連れて行く。食べかすで汚れた服や父親の顔を拭いてやり、髪の毛に櫛まで通して出てくると、店内はしんと静まり返っている▼代金を払った息子が、父親に寄り添って出て行こうとするのを男性が呼び止め、「君は何かを店に残していこうとしているのに気がついているかい」と訊く。息子は怪訝そうな顔で「私が? 何も残してなんかいませんよ」と答える。だが、男性は改めて「いや。君は確かに何かを残した」と言い、「息子達には貴重な教訓を、父親達には希望をね」と言葉を重ねる▼2年前には文章だけ、今年は絵入りのメッセージをSNSで受け取ったが、心が熱くなる内容である事は変わらない。親子の間でいさかいがあって、互いに素直になれない人もいるだろう。息子が若く、父親の愛情や苦しみを汲みきれない例もあり得る。だが、地上で許された時間の中で、互いの愛情を温めあい、確認しあう時を大切にして欲しいと心から願わされる季節だ。少し早いが、父親達への感謝や支援の思いを込めて。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別2020年7月14日 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別 革命か、反乱か  米国などで反黒人差別「ブラック・ライヴズ・マター(英: Black Lives […]
  • 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化2020年7月10日 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化  5日の東京都知事選の結果を見て、「もしかして日本はブラジルよりも右傾化しているのではないか」との思いを抱いた。  それは当選した現職の小池百合子知事に60%の支持があったから、というだけではない。3位に小野泰輔氏、5位に桜井誠氏が入っていたからだ。  小池氏も自民 […]
  • 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い2020年7月7日 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い 「邦字紙にそんな読み方があったんだ!」  仕事が終了する間際の午後7時半ごろ、編集部内で雑談中、若手スタッフ(部員)から「うちの新聞って、1面と6面を比較すると、同じ新聞とは思えないぐらい内容が違うんですよね」としみじみ言われて、最初意味が分からなかった。  「 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]