ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》駐米国大使問題=米国政府は、ボウソナロ大統領の三男エドゥアルドを歓迎の姿勢

《ブラジル》駐米国大使問題=米国政府は、ボウソナロ大統領の三男エドゥアルドを歓迎の姿勢

 ブラジル外務省は9日、ジャイール・ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)の三男で下院議員のエドゥアルド・ボウソナロ氏が駐米ブラジル大使になることに関し、米国政府としては問題ないとの返答を米国から得たと発表した。同日付ブラジルニュースサイトが報じている。
 エドゥアルド氏の大使就任には、まだ、ブラジル上院議会の承認が必要だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ