ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=売春婦の客情報公表と脅す=住民が生活環境悪化で悩み

サンパウロ市=売春婦の客情報公表と脅す=住民が生活環境悪化で悩み

 サンパウロ市南部プラナウト・パウリスタ区の住民が、売春婦がたむろする住環境に嫌気がさし、彼らの出没地に、顧客の車のナンバープレートを公開すると警告する横断幕を掲げて、大きな反響を呼んでいる。20日付現地紙が報じている。
 報道によると、プラナウト・パウリスタ区インジアノーポリス大通り付近の住民たちが、大勢の売春婦や女装者が客引き行為を行うという、風紀の悪い環境に耐えかね、彼らの出没する地域に警告付の横断幕を掲げた。
 防犯カメラや携帯電話で撮影したナンバープレートをソーシャルネットワーク上で公開すると警告する横断幕が掲げられたのは、イレレー大通りやアラメダ・ソリマンスなど計7カ所だ。
 この動きに対し、女装者のエリーザさん(仮名)は、「以前は1日5人は顧客がいたのに、あの幕のせいで、1日に1人か2人に減った」と不満を述べている。
 また、近隣住民の中にも今回の横断幕設置を喜ばない人も存在する。生まれて以来、ずっと同地に住んでいるという58歳の男性は、「警察のパトロール強化の方が得策だ」と主張している。
 また、ある弁護士によると、顧客のナンバープレート公表は、個人の秘密漏洩で訴訟の対象になりうるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロナ=自動車工場も操業停止=感染予防と需要急落により2020年3月28日 コロナ=自動車工場も操業停止=感染予防と需要急落により  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の自動車工場が操業停止中もしくは停止に踏み切ることを決めていると、27日付現地サイトが報じている。    全国自動車工業会(ANFAVEA)によると、国内にある65カ所の自動車、バス、トラック、農業機械の製造工場全てが操業を停止すると […]
  • サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価2020年3月27日 サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価  新型コロナウイルスの感染拡大で前倒しされたインフルエンザの予防接種が23日から行われているが、外出自粛令発令中のサンパウロ州では、サンパウロ大都市圏だけで少なくとも14の自治体がドライブスルーでの対応を行い、好評を得ていると26日付現地紙などが報じている。   23日からの […]
  • 《ブラジル》新型コロナ感染症=患者本人が「外出自粛」を推奨=辛い体験通して隔離の重要性強調2020年3月27日 《ブラジル》新型コロナ感染症=患者本人が「外出自粛」を推奨=辛い体験通して隔離の重要性強調  【既報関連】新型コロナウイルスの感染が広がり、連邦政府の言動と知事達の採る方策の食い違いなどが物議を醸しているが、実際に感染し、苦しんだ患者達が、自らの体験を通して隔離の必要性などを訴えている。  26日付G1サイト掲載の証言者の一人は、ゴイアス州リオ・ヴェルデ在住のヴェラ […]
  • サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て2020年3月26日 サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て  サンパウロ州海岸部のサントス市で、新型コロナウイルスに伴う外出自粛令(クアレンテーナ)を振り切って母親に会いに行こうとした女性が、窓から抜け出そうとして瓦を踏み抜き、負傷する事故が起きるなど、同令実施の難しさを示す事柄が起きている。25日付現地サイトが報じている。  同市の […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=南、北部でも死者、計57人に=26歳で検査さえ受けず死亡の例も2020年3月26日 《ブラジル》コロナ禍=南、北部でも死者、計57人に=26歳で検査さえ受けず死亡の例も  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者や死者急増で、24、25日にはブラジル北部と南部でも死者発生と24、25日付現地紙、サイトが報じた。  24日夜発表の州保健局の集計は、感染者2271人、死者47人(保健省発表では2201人と46人)だった。  感染者最多はサンパウロ […]