ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=売春婦の客情報公表と脅す=住民が生活環境悪化で悩み

サンパウロ市=売春婦の客情報公表と脅す=住民が生活環境悪化で悩み

 サンパウロ市南部プラナウト・パウリスタ区の住民が、売春婦がたむろする住環境に嫌気がさし、彼らの出没地に、顧客の車のナンバープレートを公開すると警告する横断幕を掲げて、大きな反響を呼んでいる。20日付現地紙が報じている。
 報道によると、プラナウト・パウリスタ区インジアノーポリス大通り付近の住民たちが、大勢の売春婦や女装者が客引き行為を行うという、風紀の悪い環境に耐えかね、彼らの出没する地域に警告付の横断幕を掲げた。
 防犯カメラや携帯電話で撮影したナンバープレートをソーシャルネットワーク上で公開すると警告する横断幕が掲げられたのは、イレレー大通りやアラメダ・ソリマンスなど計7カ所だ。
 この動きに対し、女装者のエリーザさん(仮名)は、「以前は1日5人は顧客がいたのに、あの幕のせいで、1日に1人か2人に減った」と不満を述べている。
 また、近隣住民の中にも今回の横断幕設置を喜ばない人も存在する。生まれて以来、ずっと同地に住んでいるという58歳の男性は、「警察のパトロール強化の方が得策だ」と主張している。
 また、ある弁護士によると、顧客のナンバープレート公表は、個人の秘密漏洩で訴訟の対象になりうるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 保健省=豪華客船利用者に予防接種=麻疹の船内罹患が13人で2019年2月22日 保健省=豪華客船利用者に予防接種=麻疹の船内罹患が13人で  保健省は20日、伯国で最大規模の豪華客船「MSCシーヴュー」を利用予定客に対して、サランポ(麻疹)の予防接種を義務付けることを発表した、21日付け現地紙が報じている。  MSCシーヴューは、テレビCMでもおなじみの豪華客船の代表的な存在。だが、ここ最近で計13件ものサランポ […]
  • 《ブラジル》教育行政の不正を暴いたジャーナリストに訴訟の嵐=報道協会は「市による法的報復」と反発2019年2月20日 《ブラジル》教育行政の不正を暴いたジャーナリストに訴訟の嵐=報道協会は「市による法的報復」と反発  ブラジル人ジャーナリストのウェリントン・マセド氏がセアラー州ソブラル市の市立学校から、精神的苦痛を受けたとして立て続けに59件も告訴されていると16日付地元紙が報じた。  マセド氏は“悪の教育”と題した取材映像を動画配信サイトYouTubeに配信。そこではソブラル市と、その […]
  • ネット右翼が「0点」攻撃=世界的映画採点サイトで「マリゲーラ」に=話題のヴァギネル初監督作品2019年2月21日 ネット右翼が「0点」攻撃=世界的映画採点サイトで「マリゲーラ」に=話題のヴァギネル初監督作品  17日まで行なわれたベルリン映画祭に出展したことで、ブラジル映画「マリゲーラ」が話題を呼んだが、軍政時代の左翼ゲリラのリーダーを描いたこの映画を巡り、右翼のブラジル国民が酷評攻勢をかけて、アメリカの大手映画サイトを混乱させる事態に陥った。  この作品は、国際的知名度も高いブ […]
  • リオ=出会い系サービスで暴行被害=顔分からないほど女性殴打2019年2月20日 リオ=出会い系サービスで暴行被害=顔分からないほど女性殴打  リオ市西部バーラ・ダ・チジュッカ地区で16日の夜から17日未明にかけて、会社経営者のエライネ・カパロス氏(55)が、インターネットの“出会い系サービス”で知り合った弁護士のヴィニシウス・バチスタ・セーラ容疑者(27)に4時間に渡って激しく殴打される事件が起こったと、18、19 […]
  • リオ=スーパー警備員に殺人罪か=地面に押さえつけ窒息死2019年2月20日 リオ=スーパー警備員に殺人罪か=地面に押さえつけ窒息死  14日にリオで起きたスーパーマーケットの警備員による青年殺害で、警察が殺人罪を適用する可能性があると19日付現地紙が報じている。  14日、リオ市内のバーラ・ダ・チジュッカ区のスーパー「エストラ」で、ペドロ・エンリケ・ゴンザーガさん(19)が、別の警備員の銃を奪おうとしたと […]