ホーム | 日系社会ニュース | 漁業従事者の生活向上支援=米州開発銀行が実現可能性調査

漁業従事者の生活向上支援=米州開発銀行が実現可能性調査

 米州開発銀行(IDB、本部=米国ワシントンDC)グループの「IDB LAB」に所属する奥村真人氏ら一行が、新しいプロジェクトの調査のために先月14~20日まで来伯した。オイスカ・ブラジル総局(高木ラウル会長)も支援する同プロジェクトについて、奥村氏に話を聞いた。
 「IDB LAB」は中南米カリブ地域の貧困削減・格差是正のために、多くの試験的事業を推進し資金援助している。現在、ブラジルの沿岸地域で魚の収量が減少していることから、サンパウロ州とリオ州で海藻を養殖し漁業従事者の生活向上を目指すプロジェクトを計画しており、支援金が必要とされている。
 一行は同プロジェクトの実現可能性を調査・検討するために、14~18日に2つの州で漁業組合や市役所などの現場を視察。漁業従事者の新しい収入源となりえるかなどを見て回った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 百歳以上の高齢者表彰=総領事館が連絡呼びかけ2020年3月14日 百歳以上の高齢者表彰=総領事館が連絡呼びかけ  在サンパウロ総領事館(野口泰総領事)は、2020年度(令和2年)の百歳以上の高齢者表彰の該当者を募っている。締め切りは4月9日まで。  例年、敬老の日を記念し、百歳以上の邦人高齢者に対して、内閣総理大臣から祝状と記念品が贈呈される。  対象は1920年(大正9年)4月1日 […]
  • 人文研=10年ぶりに紀要を発刊=高知移民、満州引揚者ら考察2020年3月6日 人文研=10年ぶりに紀要を発刊=高知移民、満州引揚者ら考察  サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)は、10年ぶりとなる紀要第8号『人文研』(178頁)を昨年11月に発行した。人文研関係者や公募により寄せられた論文・研究ノートが掲載されている。若手研究員らが調査成果を定期的に発表していくことの重要性を訴え、再刊行の運びとなった。 […]
  • サンパウロ市=伊藤忠商事オフィス閉鎖措置=社員、新型肺炎感染のため2020年3月13日 サンパウロ市=伊藤忠商事オフィス閉鎖措置=社員、新型肺炎感染のため  今月11日、伊藤忠商事は同社ブラジル駐在員のコロナウイルス罹患確認後、聖市オフィスを閉鎖していると発表した。  罹患が確認された男性社員は2月23日から29日までの間、休暇を利用し福岡県に滞在していた。3月1日にサンパウロに戻ってからは、会社規定に従い、常時マスクで勤務し一 […]
  • 村田製作所向けに特別な取り組み=デカセギのビザ代、渡航費負担2020年1月11日 村田製作所向けに特別な取り組み=デカセギのビザ代、渡航費負担  電子部品などを製造する日本の株式会社「村田製作所」(代表取締役会長兼社長=村田恒夫、本社=京都府)に派遣する人材を集めるために、関連派遣会社が昨年12月からデカセギの訪日渡航費と入国査証(ビザ)取得にかかる費用を負担している。  勤務地や労働条件など詳細については、人材派遣 […]
  • コロナウイルス=日本からの来伯者も要注意!=発熱や咳あれば擬似症者扱い2020年2月27日 コロナウイルス=日本からの来伯者も要注意!=発熱や咳あれば擬似症者扱い  ブラジル保健省は21日付で、入国の際に発熱及び呼吸器系の異常等の症状があり、その発症から14日間以内に中国や日本等の特定の国への渡航歴がある者を、「新型コロナウイルス感染の擬似症者」として扱うと発表した。  中国以外の対象となる国は、日本、シンガポール、韓国、北朝鮮、タイ、 […]