ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル下院》経済的自由の暫定令を基本承認=日曜日の労働制限を緩和=上院承認期限は27日に迫る

《ブラジル下院》経済的自由の暫定令を基本承認=日曜日の労働制限を緩和=上院承認期限は27日に迫る

ロドリゴ・マイア下院議長(Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

 【既報関連】ブラジル連邦下院議会は13日、暫定令881号(MP881)の基本文書を、賛成345、反対76で承認したと、14日付現地各紙が報じている。
 「経済的な自由のMP」と称されるMP881は、経済活動における煩雑な官僚的手続きを簡素化し、一昨年に成立した改正労働法の流れを加速させる性質のものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ