ホーム | 日系社会ニュース | 不況響いたピニャールびわ祭り=デコポン、アテモイアも好評

不況響いたピニャールびわ祭り=デコポン、アテモイアも好評

販売された新鮮な果物

 聖州サンミゲル・アルカンジョ市のコロニア・ピニャール文化体育協会(西川修治会長)は「第7回びわ祭り」を10、11両日、同会会館で開催した。10日夜には在聖日本国総領事館の野口泰総領事も来場。寒さや父の日と重なったこともあり、昨年に比べ客足は鈍ったものの、新鮮な果物の販売や豪華芸能ショーに盛り上がった。
 西川会長は「当日は寒くなり、父の日も重なった上、最近の不景気のせいか、来場者は例年より2、3割少なかったように思う」と漏らした。例年は聖市から3、4台の観光バスが出るそうだが、今回は1台のみだったという。
 だが会場では、今が旬の特産びわに加え、デコポン、アテモイアなどの新鮮な農産物を販売。ラーメン、手巻き寿司、たこ焼きなど日本食の店も並び、同地和太鼓チーム「飛翔太鼓」やよさこい、伯人歌手によるショーに、来場者は大いに盛り上がった。

image_print

こちらの記事もどうぞ