ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・雇用情勢》7月正規雇用は4万3820人の純増=最も増えたのは建設業界

《ブラジル・雇用情勢》7月正規雇用は4万3820人の純増=最も増えたのは建設業界

 ブラジル経済省は23日、今年7月の全就労・失業者台帳(Caged)を発表。それによると、7月は133万1189人が正規雇用の職を得、128万7389人が正規雇用の職を失ったため、4万3820人分の正規雇用純増(雇用創出、前月比0・11%増)だった。
 7月の結果を年ごとにみると、2015年、16年は連続で、正規雇用が大幅に減少したが、2017~19年は3年連続で純増となった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ