ホーム | Free | 丹下太鼓道場発表会、1日=日本の豊かな四季をテーマに

丹下太鼓道場発表会、1日=日本の豊かな四季をテーマに

来社した西尾さん(左)、小林さん

 丹下セツ子太鼓道場(梶原アウミル代表)は「道場創立41周年記念・第9回発表会」を9月1日午後2時から、聖市のブラジル宮城県人会会館(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で開催する。入場料は20レアル。
 同道場は、ブラジルで最も伝統ある太鼓集団。日本で活動し、数々の有名演歌歌手とも共演する助六太鼓(在東京都)の家元・今泉豊氏にも過去に指導を受けた本格派。当日は、生徒がこの1年の練習成果を披露する。
 今回のテーマは「四季」。日本のバンドJITTERIN’JINNの代表曲『夏祭り』や、オリジナル楽曲『雪』などを演奏予定。選曲や衣装、演出など、様々な工夫で季節感を表現するという。
 太鼓の他にも三味線とギター、ピアノ、さらに伯国の楽器も合わせたバンド演奏や日本舞踊も披露する。
 会場では道場のオリジナルTシャツやミニ太鼓のアクセサリーも販売。
 来社した生徒の西尾パウラさん(三世)、小林ミシェリさん(四世)、衣装製作などを担当する大谷美代子さんは、「お客さんに四季折々の風景をイメージしてもらい、心に響くステージにします。ぜひ見に来てください」と来場を呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ