ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■生田博さん

■訃報■生田博さん

 サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス市ポルテーラ・プレッタ植民地在住の元サンパウロ大学(USP)農業学部教授の生田博さん(二世)が、今月23日にサンパウロ市のサンタクルス病院で亡くなった。享年91。死因は老衰。近年は病気療養中だった。
 生田さんは農学博士として、USPとピラシカーバ大学の農学部で教授を務めた。USPモジ・ダス・クルーゼス農事試験場の場長を長年担当し、野菜の品種改良及び研究に取り組んだ。
 キャベツの周年栽培の品種を作出し、ブラジル日本文化福祉協会の山本喜誉司賞を受賞。また、同賞の審査員も長年務めていた。邦人農家の生活基盤の確立・地位向上に貢献し、ブラジル社会に功績を残した。
 日系社会ではモジ・ダス・クルーゼス文化協会の副理事長、評議員会長としても貢献した。また、その活躍から日本国より勲五等を受章した。
 サンパウロ新聞主催のエッセイ大賞も受章するなど、幅広い活躍を見せた。
 葬儀は25日でモジ市のサンサルバドール墓地に埋葬された。初七日法要はなし。四十九日法要は未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」2019年6月27日 CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」  2015年から国外就労者情報援護センター(CIATE)で専務理事として赴任している弁護士の永井康之さん(43、愛知県)が、7月15日に帰国するため離任挨拶で来社した。  歴代専務理事はみな日本からの駐在者だが、4年3カ月の駐在期間は過去最長。永井さんは「来た時はデカ […]
  • 選手、観戦者の安全確保へ=サンパウロ市で五輪受け入れ組織始動2016年5月3日 選手、観戦者の安全確保へ=サンパウロ市で五輪受け入れ組織始動  在サンパウロ総領事館が中心となって先月22日午後、リオ五輪サンパウロ連絡協議会が発足した。期間中の来伯邦人受け入れなどについて、各日系団体の代表15人と中前隆博総領事らが話し合った。 3月上旬にはリオで、サンパウロの母体となる官民合同組織が第1回会合を行なった。それを受けた今 […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 草の根=SC日本病院へ人工呼吸器=在サンパウロ総領事館が供与式13日2021年5月19日 草の根=SC日本病院へ人工呼吸器=在サンパウロ総領事館が供与式13日  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は5月13日、昨年7月28日に贈与契約を結んだ草の根・人間の安全保障無償資金協力の「サンタクルス病院人工呼吸器整備計画」の供与式を、同院82周年記念式典と共に行った。 […]