ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》官房長官に歳出上限法緩和の意思あり=ゲデス経済相は反対の立場=投資に回す金はどこから?

《ブラジル》官房長官に歳出上限法緩和の意思あり=ゲデス経済相は反対の立場=投資に回す金はどこから?

オニキス・ロレンゾーニ官房長官(Jose Cruz/Ag. Brasil)

 オニキス・ロレンゾーニ官房長官と軍高官が、歳出上限法の緩和を求めて動いていると、4日付現地紙が報じた。
 テメル政権時代に憲法改正の形で成立した歳出上限法は、「政府や各省庁の予算は、基本的に、前年度予算にインフレ率をかけた以上に拡大できない」というものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ