ホーム | コラム | 樹海 | 「時が来ると実がなる」事を信じたい

「時が来ると実がなる」事を信じたい

 日本の友人がフェイスブックにプルーンの実の写真と、「時が来ると実がなる」との言葉を載せた。それを見、弊社で日本語の研修をし、北海道で国際交流関係の仕事をした後に帰国、ブラジルの公文本社で勤務している三世の男性から「公文の社長は誰も切らない」と聞いたのを思い出した▼近所の公文の教室経営者が次々に人を採用しては首を切り、新人のトレーニングで時間外手当などがかさむと漏らしていたのが気になり、「このような人事は公文の方針に沿っているのか」と尋ねた時、「各教室は独立した会社と同じだから、公文本社も口を挟めない」と言われた。だが、トレーニングの費用は単なる経費ではなく、投資のはずとの声には賛同してくれた。最初から満足のいく仕事が出来る人はいないし、子供や新人も含めた全ての人が誰かに育てられてきたはずなのだ▼仕事の内容や本人の意識の高さ、能力などにより、同じように育てたつもりでも、芽が出るか、実が出来るか、どこまで育つかには大きな差が出る。だが、他の教師がさじを投げた生徒をちゃんと育てている人もおり、育てる側の忍耐や、個性や能力は違っても、いつか芽が出て実がなる、いつか自分を追い越すような木になるとの期待が結実を助けるのだと思わされる▼植物は種の状態や水やり、日照、栄養分、地中の石の有無などで成長速度や根の広がり方が変わる。時には剪定も必要だ。まして、人の成長にはどれ程多くの条件が影響する事か。弱い部分を矯正するか、得意な部分を伸ばすかでも育て方や成長速度が変わる。収益性は大事だが、周囲の人の成長を自分の糧に出来る雰囲気や人間関係を大切にしたいものだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化2020年7月10日 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化  5日の東京都知事選の結果を見て、「もしかして日本はブラジルよりも右傾化しているのではないか」との思いを抱いた。  それは当選した現職の小池百合子知事に60%の支持があったから、というだけではない。3位に小野泰輔氏、5位に桜井誠氏が入っていたからだ。  小池氏も自民 […]
  • 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い2020年7月7日 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い 「邦字紙にそんな読み方があったんだ!」  仕事が終了する間際の午後7時半ごろ、編集部内で雑談中、若手スタッフ(部員)から「うちの新聞って、1面と6面を比較すると、同じ新聞とは思えないぐらい内容が違うんですよね」としみじみ言われて、最初意味が分からなかった。  「 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]