ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州ドリア知事が性の概念に関する教科書回収=ボウソナロもそれに続く

サンパウロ州ドリア知事が性の概念に関する教科書回収=ボウソナロもそれに続く

 ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は4日、州立校の8年生の教科書に掲載されていた性の概念(ジェンダー・イデオロギー)に関する箇所を問題視し、教科書を回収させた。ボウソナロ大統領はそれを受け、基礎教育課程で性の概念を取り上げることを禁ずる法案作成を教育省に命じた。5日付エスタード紙が報じている。
 ドリア知事が回収を命じたのは、生物学的な性や性差などに関する記載のある教科書だ。そこでは「同性愛」「両性愛」「性同一性障害」などにも触れていた。
 問題の箇所には、「私たちは男性や女性として生まれるのではなく、社会生活の中で性別を決めていくものだ」などと書かれていた。
 問題の教科書は2009年から配布されている教科書のセットに含まれている科学の教科書だ。今年の版には新たな更新が加えられており、8月に各校に配布された。
 ドリア知事がこの命令を出した30分後、ボウソナロ大統領はツイッターで、総弁護庁が性の概念に関する基準作りは国の作業との見解を示したとした後、「6歳から14歳までの基礎教育課程(小・中学課程)で性の概念を教えることに反対する法案作りを命じた」ことを告げた。
 ドリア氏とボウソナロ氏は2022年の大統領選で争うことが予想されている。同性愛や両性愛などを含む性の概念に関する教育をどのように行うのが適切かなどについてはまだ、社会的な認識が一致していない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》中傷や詐欺でモデルを告発=ネイマールの強姦疑惑で話題に2019年9月12日 《ブラジル》中傷や詐欺でモデルを告発=ネイマールの強姦疑惑で話題に  サンパウロ市警は10日、人気サッカー選手、ネイマールを強姦罪に陥れようとしたモデルのナジーラ・トリンダーデ容疑者を中傷や詐欺などの容疑で告発した。  ナジーラ容疑者は6月に、「5月にパリのホテルでネイマールに強姦された」と訴えた。2人はインスタグラムで知り合い、ネイマールが […]
  • サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結2019年9月10日 サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結  サンパウロ市は6日、市内のバスシステムに関する長期契約をバス業者との間で締結。これで5日から続いていたバスのストも終結した。7日付現地紙が報じている。市とバス業者が結んだ契約期間は、両者が希望していた20年間ではなく、15年間となった。  サンパウロ市では2013年から、緊 […]
  • 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで2019年9月10日 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで  ブラジル国内17州で2日から、携帯電話の通話プラン、プレ・パーゴ(前払い型)の契約者の再登録が始まったと、2日付地元ニュースサイトが報じた。  再登録が始まったのは、アラゴアス、アマゾナス、アマパー、バイーア、セアラー、エスピリトサント、マラニョン、ピアウイ、リオ・グランデ […]
  • サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?2019年8月31日 サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?  サンパウロ市の麻疹(はしか、サランポ)の患者の地区別データが発表され、市内のどこで真性患者や擬似症患者が多いかが明らかになった。30日付現地紙が報じている。  28日のサンパウロ州保健局の発表によると、サンパウロ市では1637人の感染が確認され、1人の死亡が報告されている。 […]
  • サンパウロ市=6日に市内バスがスト=路線再編などに反対し2019年9月7日 サンパウロ市=6日に市内バスがスト=路線再編などに反対し  6日、サンパウロ市内のバスがストを行い、市民の足に影響が出た。6日付現地紙などが報じている。  実際には、5日午後も44のバスターミナルの内23を閉鎖するなどして、市民を戸惑わせており、その後に持たれた総会で6日にスト決行と決まった。これを受け、サンパウロ州地裁は5日夜、「 […]