ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》5613件の奨学金打ち切り=連邦政府の財政難の影響で

《ブラジル》5613件の奨学金打ち切り=連邦政府の財政難の影響で

 教育省が2日、ハイレベル人材養成業務統括所(Capes)が支給する大学院生や院卒業者向けの奨学金5613件を今月から打ち切ると発表したと、2~5日付現地各紙・サイトが報じている。Capesは教育省傘下で、修士課程や博士課程在籍者や、博士課程後の研究促進を目的として活動する機関だ。
 今年上半期には6198件の奨学金が打ち切られており、今回発表分とあわせると1万1811件が打ち切られた計算になる。これは、Capesが支給する奨学金全体の5・57%に当たる。
 アンデルソン・コレア所長によると、今年の予算は42億5千万レアルで、その内の8億1900万レアルが既に凍結されたという。今回の決定は、今後4年間で投資されるはずの資金が最大5億4400万レアル凍結されることも意味する。
 Capesは、大学院生だけでなく、基礎教育課程の教師への奨学金も支給してるが、この部分は凍結されていない。
 教育省高官のアントニオ・ヴォジェル氏は「とても心配だ。解決策を見つけるため、政府とも連絡を取り合い、様々な案を検討中」と語ったが、具体案は示さなかった。
 ヴォジェル氏は、新たな奨学金削減は、現在奨学金を受けている学生への支給を続けるための苦肉の策だとも語った。
 5日付地元紙は、修士課程で行った、ジカ熱を引き起こすウィルスの研究を継続するためにリオ連邦大学(UFRJ)博士課程に進み、月2200レアルの奨学金を受け取るはずだったガブリエラ・ピニェイロさん(25)の、「ブラジルの医療改善のためにとても重要な研究をするはずだったのに、奨学金を切られた。どうしたらよいか分からない」との言葉を紹介している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に2020年5月27日 ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に  【既報関連】世界保健機関(WHO)は25日、新型コロナウイルスに対するヒドロキシクロロキンの臨床試験差し止めを命じた。同薬とクロロキンは、ブラジル政府が同病の公式治療薬として承認するよう、諸方面に圧力をかけている薬剤だ。25、26日付現地紙、サイトが報じている。  WHOが […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か2020年5月23日 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か  アマゾナス州内陸部のサンガブリエル・ダ・カショエイラ市(SC)で、先住民の間にコロナ感染者急増中と22日付現地サイトが報じた。  同州内陸部にはコロナウイルスへの感染率や死亡率が高い市が集中している。中でもSCは10万人あたりの感染者発生率が999に達し、少なくとも15人が […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]