ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル議会、公職者特権拡大に動く=議員らの防衛措置加速化=マイア議長もゴーサイン

ブラジル議会、公職者特権拡大に動く=議員らの防衛措置加速化=マイア議長もゴーサイン

ロドリゴ・マイア下院議長(Lula Marques)

 【既報関連】2017年5月に上院で承認されて以来、2年以上も下院承認が待たれていた公職者特権(フォーロ・プリビレジアード)関連の憲法改正案(PEC10/2013)の内容を変更しようとする動きが下院で活発化していると、10日付現地紙が報じた。
 17年に上院を通過した際は、「正副大統領、上下両院議長、最高裁長官の5人には最高裁のみで扱うという公職者特権を認めるが、連邦議員や大臣、知事、最高裁から地裁に至る判事、大使、軍高官、検事などの場合は、特定の裁判所で扱う公職者特権を、任期中に犯し、職責に関連する犯罪のみに限定して認定。それ以外の犯罪は通常の市民同様、地裁で扱う」というものだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ