ホーム | 日系社会ニュース | 「第5回さぁ~始めよう」写真グラフ

「第5回さぁ~始めよう」写真グラフ

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 福島県白河市が投句呼びかけ=「芭蕉白河の関俳句賞」へ=ブラジル在住者もどうぞ!2020年6月27日 福島県白河市が投句呼びかけ=「芭蕉白河の関俳句賞」へ=ブラジル在住者もどうぞ!  福島県白河市役所(鈴木和夫市長)が主催する第2回「芭蕉白河の関俳句賞」には、本年度から海外特別賞部門が設立され、世界最大の日系社会を持つブラジルからの投稿を呼びかけている。海外部門特別賞のテーマは「みちのく」投句料は無料。  ブラジルでの募集に際し、同市役所文化振興 […]
  • 小津・溝口監督ら名画無料公開=クロービス・サルガド財団2020年6月27日 小津・溝口監督ら名画無料公開=クロービス・サルガド財団  ミナス・ジェライス州にあるクロービス・サルガド財団(FCS)が、終戦直後の日本の巨匠映画を同団体ユーチューブチャンネル上で無料公開している。ただし7月9日までの期間限定。  映画は国内外で巨匠と表される小津安二郎や溝口健二をはじめ、女性映画の名手の成瀬巳喜男、多くの […]
  • 日伯友好病院=近隣住民に食料衛生用品配布=コロナ入院死亡率極めて低目2020年6月27日 日伯友好病院=近隣住民に食料衛生用品配布=コロナ入院死亡率極めて低目  日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)傘下の日伯友好病院(天内ワルテル院長)は、コロナウイルスにより仕事を失い生活に困窮する近隣住民に対し、福祉課が主導してセスタ・バジカ(基礎食糧セット)と各種洗剤や石鹸、歯磨き粉などの衛生を保つ日用品の詰め合わせ850世帯分を配布した。コ […]
  • 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費2020年6月26日 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費  日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)の足立操事務局長が70歳になったために、4月13日をもって定年退職した。それに伴って前園マルセリーノ武弘事務局次長(58、二世、ブラガンサパウリスタ出身)が「事務局長代理」に昇格した。  コロナ禍の影響で足立元事務局長は、3月か […]
  • サンパウロ日本人学校=生徒の大半が一時帰国=オンライン授業で対処=昨年から準備すんなり移行2020年6月26日 サンパウロ日本人学校=生徒の大半が一時帰国=オンライン授業で対処=昨年から準備すんなり移行  「コロナ禍で4月から一時的にオンライン授業になりました。毎年恒例の運動会やカンポリンポ祭(文化祭)、日系コロニアへの宿泊学習等の行事は一時中止、延期を検討しています。この災禍が早く終息して、8月からは校内で授業が再開できればよいのですが、まだ先行きはわかりませんね…」 […]