ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「経済的自由の暫定令」が裁可される=自由経済、雇用流動化が狙い

《ブラジル》「経済的自由の暫定令」が裁可される=自由経済、雇用流動化が狙い

 【既報関連】ブラジル連邦上院が先月21日に承認した「経済的自由のMP」こと暫定令881号(MP881/19)が、4項目拒否の上、ボウソナロ大統領によって20日に裁可されたと、21日付現地各紙が報じた。
 裁可にあたり、大統領は「このMPは『おかげで初めて職に就けた』という性質のものではなく、『おかげで初めて事業を起こせた』という性質のものだ」と語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ