ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=バス天井にぎっしり1トン=新手の大麻密輸手法を摘発

サンパウロ州=バス天井にぎっしり1トン=新手の大麻密輸手法を摘発

天井全体に並べられた大麻(25日付G1サイトの記事の一部)

 サンパウロ州道路警察(軍警)が25日、同州内陸部のプレジデンテ・ベルナルデスで、天井に大量の大麻を隠して運んでいたバスを摘発し、運転手を逮捕したと同日付現地紙サイトが報じた。
 大麻を隠したバスが摘発されたのは、ピラポジーニョとミランテ・ド・パラナパネマを結ぶ州道272号線の11・9キロ地点で、864個の包みに分けた大麻、総計1143・98キロが押収された。
 道路警察によると、摘発されたのは、横腹に農業従事者を運ぶバスである事を大書した、プレジデンテ・プルデンテのプレート付のバスだ。
 逮捕された運転手によると、大麻を預かったのはマット・グロッソ・ド・スル州のドウラードスで、サンパウロ州ソロカバのガソリンスタンドで別の男に引渡せば1万レアルを受け取れる事になっていたという。運転手は、これらの大麻は、別の男がサンパウロ市まで運ぶ事になっていた事も明かした。

バスの横に積み上げられた1トン超の大麻(25日付G1サイトの記事の一部)

 道路警察が監査を行った時は、運転手だけがバスに乗っていた。1トンを超える大麻は、バスの天井の裏に何層にも重ねてびっしりと並べられており、大麻を取り出す作業はバスの内側と外側の両方から行われた。
 押収された大麻とバスはプレジデンテ・プルデンテの道路警察本部に運ばれたが、事件の調書はプレジデンテ・ベルナルデスの市警が作成。運転手の身柄は同市の警察署に拘束後、裁判所に送られる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加2020年9月18日 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。  国立宇宙研究所(Inpe)のデータによると、サンパウロ州では1月から9月15日までに4293件の森林火災が記録された。昨年同期の火災は2020件だから、今年の火災 […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]
  • 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き2020年9月18日 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き  16日、リオ州を拠点とする犯罪集団「コマンド・ヴェルメーリョ(CV)」の資金洗浄疑惑に対する捜査が行われ、大物幹部が逮捕された。16日付現地サイトが報じている。  今回行われた「オーバーロード2」作戦は、2015年に行われた「オーバーロード作戦」の続編にあたる。主導はリオ州 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]