ホーム | 日系社会ニュース | 隈研吾設計で改修開店=話題のファーストショップ=生活空間そのものを提案

隈研吾設計で改修開店=話題のファーストショップ=生活空間そのものを提案

ファーストショップ・イビラプエラ店の店頭(中央が藤井さん)

ファーストショップ・イビラプエラ店の店頭(中央が藤井さん)

 ブラジルの家電量販店ファーストショップ(カクモト・ミルトン会長、二世)のショッピングセンター第1号イビラプエラ店が12日、リニューアルオープンした。「設計から工事まで約2年かかりましたが、ブラジルのみならず世界に注目されるようなコンセプトの店舗を作ることができたとおもいます」――改装プロジェクトの中心として活躍した隈研吾建築都市設計事務所ブラジル室長の藤井勇人さん(41歳・兵庫県)は、そう胸中を語った。
 

 現在ブラジル全土に100店舗以上展開している高級路線の家電量販店だが、ショッピングセンター初出店は1996年にサンパウロ市南部の同イビラプエラ内のこの店だった。
 今回の改修を手掛けた隈研吾建築都市設計事務所は、東京の新国立競技場や、2017年に開設されたジャパン・ハウスの建築設計も手掛けた。藤井さんはジャパン・ハウスの建築プロジェクトマネジャーだった。
 そのジャパン・ハウス設立の際、カクモト氏と隈氏が会い、毎年日本に旅行に行くほど思入れが強いカクモト氏の熱意を受け取り、今回の改装工事を引き受けた。藤井さんは「日本への思いが強いカクモトさんのお願いだから今回の仕事を引き受けた」と隈氏は話していたという。
 藤井さんはファーストショップと共に、改装にあたって店舗デザインから商品の陳列、運営、商品選定まで根本的に見直す設計提案を行った。基本コンセプトとなったのは、消費者の生活空間そのものを提案をするように7エリアを設け、各空間のデザインを変えていることだという。
 7エリアは「ニュース」「キッズ」「スマートハウス」「キッチン」「ユーティリティ」「ホームシアター」「コネクティビティ」。ほかに商談等で使用できる多目的スペースやカフェが提供される場所もある。
 藤井さんは「エリアごとに、ただ商品を陳列するだけでなく、そ生活様式をまるごと提案できるように設計をしました。その設計の中の所々に『和』の感覚を取り入れています」と語る。

ニュースエリア

ニュースエリア

 例えば「ニュース」エリアの天井には長さ140センチ程の白を基調とした「CLOUD」という雲のようなカーテンが天井からつるされており、これは日本からの輸入品。三軸織物という特殊技術を用いて織った布で、日本の織物業者の中でも限られた工場しか持たない技術だ。
 藤井さんは「この布は日本でしか作れないものだったので輸入せざるを得ませんでしたが、他の素材は全てブラジルのものを使用し、現地で制作しました。それによってブラジルと日本の素材や技術が融合した空間を作ることができました」と語る。
 今回のプロジェクト関係者に日本人が全くいなかった点でも苦労した。「ジャパン・ハウスの時は、外務省や領事館の方、そして日本のゼネコンなども関わっていたので、日本人の方々に相談することができました。今回は日本人が自分ひとりだったので、日本側が求める品質や細部の仕上がりを伝えて作り上げることに苦労しましたし、途中で愛想を尽かして離れていく仲間もたくさんいました」と藤井さんは語る。
 「でも今回、最終的に最後までついてきてくれたのは『いいものを創りたい』という強い思いを持った人たちでした。その思いは国籍関係なく共鳴して最後まで粘り強く作り上げてくれました」
 藤井さんは「日本のDNAが散りばめられたこの店に、ぜひ足をお運びください」と呼びかけている。 住所(shopping Ibirapuera Piso – Av. Ibirapuera, 3103 – Loja 38 – Campo Belo, São Paulo – SP, 04029-902)、年中無休、営業時間10~22時まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力2020年11月28日 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力  29日の市長選決選投票を目前に控え、注目の都市での世論調査が出た。サンパウロ市では現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)がギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)を僅差でリードのまま当日を迎える。27日付現地紙、サイトが報じている。  ダッタ […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも2020年11月28日 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも  【既報関連】新型コロナで第2波到来を口にする専門家も出始める中、リオ州では入院待ちの人が連日200人を超えるなど、医療崩壊の兆候が出ている。オズワルド・クルス財団(Fiocruz)は第2波到来を否定したが、感染者や死者の増加を認め、警告を発したと27日付現地紙、サイト […]
  • サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される2020年11月28日 サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される  サンパウロ州内陸部のサンカルロス市で26日午後、雹を伴う猛烈な雨が降り、市中心部の商店街を中心に大きな被害が出たと26、27日付現地サイトが報じた。  午後4時35分から5時40分までの約1時間に降った雨は138ミリに及び、市内の道路が濁流で覆われた。市内各地で車が […]
  • 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ2020年11月28日 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ  27日の「ブラック・フライデー」の売れ方は、コロナ禍の影響もあり、ネット上が強く、販売店では弱いという傾向が出ていると、27日付現地サイトが報じている。  ブラック・フライデーはここ数年、ブラジルでもクリスマスと並ぶ、年間を通じた小売の稼ぎどきとして定着している。だが、今年 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]