ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》賃貸住宅家賃調整用インフレ指数IGP―M=9月はマイナス0・09%

《ブラジル》賃貸住宅家賃調整用インフレ指数IGP―M=9月はマイナス0・09%

 リオに本拠を置く学究機関、ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)は27日、9月の総合物価指数(IGP―M)がマイナス0・01%のデフレだったと発表した。
 8月のIGP―Mはマイナス0・67%だった。今年1月から9月までの累積は4・09%、昨年10月から今年9月までの直近12カ月累積では、3・37%だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》商業と建設業で信頼感上昇=3~4月の喪失分の一部を回復2020年6月30日 《ブラジル》商業と建設業で信頼感上昇=3~4月の喪失分の一部を回復  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)ブラジル経済研究所が26日、商業と建設業の企業家信頼感指数が回復して来ていると発表したと同日付現地サイトが報じた。  新型コロナウイルスの感染拡大や感染拡大抑制のための外出自粛令発令などで、3月以降の経済活動は大幅に低下、縮小しているが、 […]
  • 《ブラジル》商業界の景気信頼感指数が0・5Pダウン=「将来への期待」が足を引っ張る2019年11月29日 《ブラジル》商業界の景気信頼感指数が0・5Pダウン=「将来への期待」が足を引っ張る  リオのジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)は、11月の商業界の景気信頼感指数が、前月比0・6ポイント(P)ダウンの97・8Pだったと発表した。  この指数は0~200の間で算出され、100Pより上ならば、商店主たちが景気を信頼している、または楽観視していることを示すが、 […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因2019年11月12日 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因  ここ10年余りで、サンパウロ市の新築アパートの平均面積は27%も縮小した。  ワンルームタイプに限れば、その縮小率はもっと大きくなる。2009年には平均55・7平方メートルだったのが、2019年7月のデータでは33・2平方メートルへと、40・3%も小さくなった。  また、 […]
  • 《ブラジル》11月の消費者信頼感指数がややダウン=一般国民に消費ムード戻らず2019年11月27日 《ブラジル》11月の消費者信頼感指数がややダウン=一般国民に消費ムード戻らず  リオのジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)は25日、11月の消費者景気信頼感指数が前月比0・5ポイント(P)ダウンの88・9Pだったと発表した。  この指数は0~200Pの間で算出され、100Pより上ならば、景気を信頼している、または楽観している状態を示すが、それより下 […]