ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》民間各行が続々と住宅ローンの金利下げる=最大手の国営銀行Caixaは静観

《ブラジル》民間各行が続々と住宅ローンの金利下げる=最大手の国営銀行Caixaは静観

 9月18日にブラジル中銀の通貨政策委員会(Copom)が、政策金利(Selic)を年利6%から5・5%に引き下げたことで、民間銀行がこぞって住宅ローンの金利を下げていると、1日付現地各紙が報じた。
 住宅ローンは、国営の連邦貯蓄銀行(Caixa)が融資額、融資件数共にトップだが、それを民間銀行のイタウとブラデスコが追っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ゲデス経済相「景気は井戸の底」=第1四半期は経済縮小か2019年5月16日 《ブラジル》ゲデス経済相「景気は井戸の底」=第1四半期は経済縮小か  ブラジル中央銀行が15日に発表した経済活動指数(IBC―Br)によると、第1四半期の国内総生産(GDP)は昨年第4四半期より0・68%縮小したと同日付現地紙サイトが報じた。  IBC―Brは、地理統計院(IBGE)が出す正式なGDPの先行予測だ。IBGEによる指数は30日に […]
  • 《ブラジル》2月インフレ=20年ぶり低数値0・25%=来週Copomで利下げか?2020年3月12日 《ブラジル》2月インフレ=20年ぶり低数値0・25%=来週Copomで利下げか?  ブラジル地理統計院(IBGE)が11日に、今年2月の広範囲消費者物価指数(IPCA・政府公式インフレ率)は0・25%だったと発表した。同日付現地サイトが報じている。  0・25%は、2月としては0・13%を記録した2000年以来、20年ぶりの低数値だ。  2020年の1月 […]
  • 《ブラジル》第1四半期のサービス業は低調=GDPマイナス覚悟のブラジル中銀2019年5月15日 《ブラジル》第1四半期のサービス業は低調=GDPマイナス覚悟のブラジル中銀  ブラジル地理統計院(IBGE)が14日、今年3月の国全体のサービス業の売り上げは2月と比較して0・7%ダウンしたと発表した。  これで、今年1月から3カ月連続での前月比割れとなり、ブラジルの景気低迷をいっそう強く印象付ける結果となった。  また、今年3月の結果を昨年3月と […]
  • 《ブラジル中銀》6日、0・75%Pの大幅利下げ=ドル高で一時6レアル目前2020年5月8日 《ブラジル中銀》6日、0・75%Pの大幅利下げ=ドル高で一時6レアル目前  【既報関連】コロナショックが本格化してから初の、中央銀行の通貨政策審議会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は年3・75%から3・00%へと、0・75%ポイント(P)引き下げられた。6日付現地サイトが報じている。  史上最低水準の更新となる7 […]
  • ドルが5・50レアル台に=5・40台に乗った翌日に2020年4月24日 ドルが5・50レアル台に=5・40台に乗った翌日に  22、23日にレアルの価値が急落し、1ドル=5・50レアル台に突入。ワースト記録をさらに更新した。22、23日付現地サイトが報じている。  22日の市場が開くまで、1ドルは5・32レアルだったが、市場が開くとすぐに、5・40レアルへと急上昇した。理由は、中央銀行が5月の通貨 […]