ホーム | コラム | 樹海 | 部族の言葉や方言を大切にしよう

部族の言葉や方言を大切にしよう

 「何やってりゃーす」「とろっくさー事、言っとってかん」「怖ぎゃー事言やーすな」―。小5で転校した時、級友がそう話していたが、何もわからなかった。漢字交じりにすれば少しはわかり易いが、これを見てわかる人は名古屋弁に馴染みがある人だ▼各々、「何してるの」「バカな事言ってちゃダメ」「怖ろしい事言わないで」の意味だが、中学に転入した姉も同じ経験をして帰ってきた。だが、後にテレビで、本来の名古屋弁は非常に丁寧なもてなし言葉だと聞いた。同様に、転居や旅行で方言や他国語に接し、驚いたりした人は多いだろうが、言葉の豊かさは文化や歴史の豊かさでもある▼ブラジリア大学では6日まで、「国際先住民族言語年」にちなみ、先住民や少数民族の言語に関する国際会議を開いている(2日付弊紙サイト参照)。国連によると、世界には6~7千の言語があるが、世界の総人口の97%が話す言語は4%に過ぎない。残る96%の言語の存続は、先住民など3%にあたる人々にかかっているのだ▼NHK国際放送が見られるようになってから、めっきりコロニア語が聞かれなくなったのと同様、先住民の言語は、ポ語話者や他の部族語の話者と混じれば簡単に消滅しうる。先住民言語の研究者は、部族語保存にはコミュニティやテリトリーが必要だと説いている。部族語はその部族の文化や歴史とも密接に関係しており、先住民保護区は言語保存の意味でも重要なのだ。だが、ボウソナロ大統領は、西欧諸国がアマゾンに関心を持つのは鉱物資源が目的で、森林や先住民を案じての事ではないと繰り返す。本当は大統領の関心がそこにしかないと考えたくなるのはコラム子のみ?(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム2019年10月22日 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム  「私たち(日系人)は日本人にはなりきれない。でも、日本人の心を理解する魂は持っている」――2014年11月、サンパウロ州モジ市コクエラ区のふるさと祭りに取材に行った際、たまたま居合わしたマルシアにインタビューした際、そう言われ、けだし明言だと感心した。  顔を見て、 […]
  • ガンの治療に新たな道2019年10月17日 ガンの治療に新たな道  末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかった患者がある日、痛みが消え、歩けるようになった▼先週からこんな風に話題となっているのは、サンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターでラ米初のCAR―T細胞療法を受け […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • 愛でる、愛しむ、愛しむ2019年10月10日 愛でる、愛しむ、愛しむ  昔読んだ、老人ホームの人達と鹿の心温まる話を思い出させる記事に、最近出会った。一つは手術を受けて入院中の7歳児の回復を促すために雌馬を病院に連れてきた話で、もう一つは刑務所で服役中の女性達が、羊を飼う事で様々な変化を見せ始めたという話だ▼鹿の件は、老人ホームの人達が、繰り返し […]