ホーム | 日系社会ニュース | 沖縄県人会=「人数減だが、レベルは高い」=琉球古典芸能のコンクール

沖縄県人会=「人数減だが、レベルは高い」=琉球古典芸能のコンクール

琉球古典音楽コンクールの皆さん

 ブラジル沖縄県人会・ブラジル沖縄文化センター(上原定雄会長)は「第42回琉球古典音楽コンクール・第39回琉球舞踊コンクール」を6日午前10時から、リベルダーデ区の県人会本部大サロンで開催し、約150人が訪れた。

琉球古典音楽コンクールの皆さん

 古典音楽の部門では非日系人の躍進が顕著で、特に最高賞では1位が他県人(配偶者)、2位が非日系となり、伝統芸能界における新時代の到来を感じさせる大会となった。
 午前中の琉球古典音楽の部門には新人賞6人、優秀の部1人、最高賞2人の計9人が参加し、うち非日系が3人でみな合格するという活躍を見せた。結果は次のとおり。【新人賞】1位=田野美恵子、2位=新城盛久、3位=勢理客(しりきゃく)トヨ、4位=サンチ・レオネロ。【優秀の部】ペガウ・チアゴ。【最高賞】1位=安慶名ユカ、2位=プロエンサ・クリスチアン。
 5年以上優秀な成績をとり続け、教師が許可すれば、教師資格を沖縄本部に申請する手続きがとれ、すでに10人ほどが教師になったという。
 今年の挑戦者は9人だが、2007年には70人いた。知念直義実行委員長は「あの頃は人数が多かったから、古典音楽と琉球舞踊のコンクールは別々にやって、それぞれ一日掛かりだった。一緒になって7、8年かな」と往時を懐かしんだ。「でも非日系は昨年2人、今年は3人と増えている。すごく一生懸命で、我々としても喜び一杯」と笑顔を浮かべた。
 その一人ペガウ・チアゴさんに三線を始めた動機を尋ねると、「妻が沖縄系三世で、その実家に遊びに行ったら彼女の祖父(故人)が使っていた三線があり、気になっていた。僕もギターを弾いていたから、見たこともない楽器に興味が湧き、ある時挑戦してみた。ギターは弾くだけだが、三線は歌も同時にやらなきゃいけない。もっと難しいが、やりがいがある」と語った。

午後の琉球舞踊コンクールで認定証をもらった皆さん

 午後の琉球舞踊コンクールでは、美しい紅型衣装をまとった女性出場者6人が気合の入った踊りを披露し、全員合格した。婦人の部新人賞=宜志富よしみ、一般の部新人賞=宮城マリアナかおり、天願ゆり、婦人の部優秀賞=池原明子、一般の部優秀賞=當真ステファニー千晶、一般の部最高賞=知念ルアナひかり。最後に知念直義さんから全員に認定証が手渡された。

視線を遊ばせて秘めた想いを表現する「諸屯」を舞う一般の部最高賞の知念ルアナひかりさん

 城間和枝審査委員長にコメントを求めると、「80年代には新人賞だけで20人いた。隣の人を見ながら踊れる団体舞踊と違って、一人で踊るから、一年間みっちり練習しないと合格レベルに達しない。人数こそ減ったが、みな完璧に踊っていた。レベルの高い大会だった。来年はもっと人数が増えるはず」と意気込んだ。

真剣な表情で演技を見つめる審査員の皆さん


□関連コラム□大耳小耳

 琉球舞踊コンクールの一般の部最高賞で知念ルアナひかりさんが踊った「諸屯(しゅどん)」が、手をあまり動かすことなく、情のこもった眼差しをあちこちに送り、ゆっくりした動作で回る所作を繰り返した。身体ではなく顔の表情で表現するような不思議な踊りだ。城間審査委員長に聞くと、「諸屯は、話したくても話せないような、誰にも伝えられない想いを表現する踊り。一つ一つの動きに沖縄の風土が込められているんです」とのこと。解説してもらって初めて納得。世の中、体全体をバンバン動かす踊りが普通であり、「目やアゴの動き」を中心にする踊りは滅多にない。踊りとパントマイムの境界線上にあるような深みを感じさせる踊りだった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • やすらぎ、奄美建て替え計画=援協10月度役員会で承認2019年10月22日 やすらぎ、奄美建て替え計画=援協10月度役員会で承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)は「10月度定例役員会」を17日、聖市の援協本部ビルで行い、約35人が出席した。  19日の定期評議員会に先立ち、サンパウロ日伯援護協会(以下聖援協)、日伯福祉援護協会(以下福祉援協)両会の来年度の事業計画案と予算案が発表さ […]