ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》PSL問題=「大統領をぶっとばす」=ボウソナロ派と党首派対立激化=エドゥアルドの立場危うく=報復合戦に巻き込まれる政治家も

《ブラジル》PSL問題=「大統領をぶっとばす」=ボウソナロ派と党首派対立激化=エドゥアルドの立場危うく=報復合戦に巻き込まれる政治家も

ヴァウジール下議(Lucio Bernardo Jr./Câmara dos Deputados)

 【既報関連】社会自由党(PSL)のボウソナロ大統領派が16日の夜起こした、同党下院リーダーに大統領三男のエドゥアルド下議を据え、ヴァウジール・デレガード下議を引きずり下ろす計画は失敗に終わり、ヴァウジール下議留任が決まった。その後、ルシアノ・ビヴァール党首による報復も行われはじめている。17日付現地紙が報じている。

 エドゥアルド氏の下院リーダー就任は、16日夜、下院政府リーダーのヴィットル・ウゴ下議によって宣言された。それに対し、17日の昼過ぎには、下院議長団がヴァウジール下議支持派のリストを正式に承認、ヴァウジール氏の党下院リーダー継続が決まった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ