ホーム | 日系社会ニュース | 福島県人会=曽我部さん、事務局長退職=「今後もラーメン普及したい」

福島県人会=曽我部さん、事務局長退職=「今後もラーメン普及したい」

来社した曽我部威さん

 ブラジル福島県人会(今井マリナ会長)の事務局長を17年間務めていた曽我部威さん(85、山形県)が今月上旬に退職し、「コロニアの皆さんにご挨拶したい」と本紙に来社した。
 曽我部さんは、2002年から福島県人会の事務局長を務め、同県人会と母県のために働いた。「2013年には、会長の代わりに『第1回在外県人会サミット』に参加した。その時に喜多方ラーメンや弥右衛門を伯国へ持ってきた」と振り返る。
 東日本大震災があった11年には、県助成金がなくなったことから『喜多方ラーメン祭り』を開始。曽我部さんは「今では恒例行事となり、ニッポン・ベビーダス社の川添博社長のお陰もあってラーメンも有名に。コロニアでは『ラーメンじじい』として知られるようになった」と笑う。
 ブラジル福島県人会が創立百周年を迎えた17年には、福島県を訪れ県知事などに招待状を渡した。当時のジェラルド・アルキミン聖州知事にも会い、「とても名誉なことだった」と頷く。
 今回退職になった理由は「役員との見解の相違」と説明し、「今後は山形県人会の理事として頑張る予定」だという。喜多方ラーメンの販売に関しても、「今後も普及できれば」との思いを語った。


□関連コラム□大耳小耳

 ブラジル福島県人会の事務局長を務めていた曽我部威さんは、19歳の頃に農業移民として移住した。農業を4年間頑張った後は、日系の貿易会社に就職。「こう見えて営業マンだったんだ」と笑う。その後もイタリア移民が創立したマタラーゾ・グループで働き、一時は独立もしたとか。1990年から日本の旅行会社で働き、2000年に帰伯した。「ずっと営業していたから、福島県人会でもやっぱりラーメンの販売を頑張ったね」と言う曽我部さん。今後も喜多方ラーメンの販売に精を出しつつも、新しく山形の商品普及にも努めるのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ■ひとマチ点描■本紙近くでフェイラ始まる2019年10月22日 ■ひとマチ点描■本紙近くでフェイラ始まる  本紙近く、グロリア街がアメリコ・デ・カンポス街と接する1ブロックで、15日(火)に突然フェイラが開始された。水曜日には同じメンバーが、リベルダーデ日本広場でも開いているとか。  1区画と狭いが、パステル、青果、鮮魚、卵など一通りの食材が揃う。バナナ売りの男性が、カメ […]