ホーム | コラム | 樹海 | 南米にもジョーカー君臨か?

南米にもジョーカー君臨か?

ジョーカー(同映画公式ツイッターより)

 ここ数カ月、世界中を激震させるような抗議行動が連鎖反応のように起こっている。香港、レバノン。そして南米でもエクアドルとチリで民衆と政府が激しく激突した。こうした状況を見て、「もしかして、ジョーカーは時代を予見したのか」「実在して、世界を混沌に陥れているのではないか」。そんな声が世界中のネットであがっている▼「ジョーカー」とは、今月から全世界で公開され全世界的に爆発的にヒットしている映画の主人公だ。かの有名な「バットマン」でおなじみの宿敵で、主役扱いは今回はじめて。だが、ホアキン・フェニックス演じるジョーカーは、これまでになく共感され、愛されている。マスコミが公開前から、「暴力を煽る危険なキャラクター」と強い警鐘を投げかけたのにもかかわらずだ▼それはジョーカーの生い立ちに関係がある。ジョーカーことアーサー・フレックは精神病を患っている売れないコメディアン。そんな彼は女手ひとつで育ててくれた病弱な母親と30歳を過ぎても同居中。彼らの暮らしは、ゴッサム市の市長トーマス・ウェイン(息子が後のバットマン)の弱者切捨ての政治で苦境に立たされていた。そんなある日、ピエロの格好で地下鉄に乗って家に帰宅していたアーサーは、ウォール街のエリートたちから面白半分にリンチを受ける。これに激高した彼は持っていた銃でエリートを惨殺してしまう。彼は現場から立ち去り、逮捕されずに逃げてきたが、その間に「謎のピエロ」は社会的強者に辟易としていた民衆たちのヒーローとなっていく・・・▼話はここからエスカレートし、暴力も過激になるため、とりわけ子供への教育には非常に悪い作品であることはコラム子も否定しない。ただ、そんなコラム子でさえ「これは現状のハリウッドでギリギリセーフの絶妙な作りだ」とも思った。これが仮にジョーカーが人種差別や同性愛嫌悪者として描かれていたとしたら「ナチス扇動映画」として、ポリティカル・コレクトネスにとりわけうるさいハリウッドは製作さえ許さなかったであろう。だが、「弱者を切り捨てる冷たい社会が怪物を生んだ」のなら、罪は許されなくても考えさせる余地は出てくる。そこを絶妙についたな、と思った。そして、「これ、南米だとリアルに感じる人、多いだろうな」とも思った。ジョーカーがチェ・ゲバラのように見えたからだ▼そうしたら案の定、ツイッターを検索してみると、ジョーカーをゲバラや南米の左翼ポピュリズム系の政治家に喩えるツイートをポルトガルやスペイン語で多く発見した。中にはブラジルのルーラ元大統領の名も少なくなかった。そして、いざエクアドルやチリで暴動がはじまってみると「ジョーカーは実在するのでは?」というツイートもよく見るようになった。いずれも、新自由主義経済を進める大統領に対して、生活苦の国民が立ち上がった抗議運動だからだ▼そして遂には、レバノンのベイルートで、実際にジョーカーのメイクをして抗議運動を行なっている人たちが話題を呼びはじめている。この国も、保守系政権が携帯アプリに課税しようとしたことで生活苦の国民の怒りが爆発したものだった▼そして、暴動こそは起こっていないものの、アメリカでも「ジョーカーが待望されているのではないか」との説が起こりはじめている。それは来年の大統領選の民主党候補選出のキャンペーンで現時点で最も人気なのが、歴史的にこれまでで最も社会主義的な政策をかかげるエリザベス・ウォーレン氏であるためだ。彼女がジョーカーのように、格差社会に苦しむアメリカ人の気持ちを救いあげ、企業家の代表であるトランプ政権に勢いで対抗してくるのでは・・・。そんな予想も起こりはじめている。暴動さえ起きなければ、なまじ悪いシナリオではないが。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第79話2020年11月24日 中島宏著『クリスト・レイ』第79話  この植民地は、プロミッソンの駅から四キロ辺りの地点から始まり、ボン・スセッソ、ゴンザーガ、ビリグイジーニョの地区にまたがる、約一千四百アルケール(約三千四百ヘクタール)の土地であった。その大半が高地に位置し、平野植民地のような湿地帯はなかった。ゴンザーガ地区には部分的に低地が […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ=いつバイデン当選を承認か=世界から取り残され、政権内でも孤立化=再集計逆転の期待は絶望的に2020年11月21日 《ブラジル》ボルソナロ=いつバイデン当選を承認か=世界から取り残され、政権内でも孤立化=再集計逆転の期待は絶望的に  米国大統領選でジョー・バイデン氏が当選確実と言われ始めてから2週間になるが、ボルソナロ大統領は世界でも数少なくなった「承認を行っていない大統領」として注目されている。当初、ボルソナロ側近が主張していた「トランプ大統領の求める複数の州の再集計」による大逆転の可能性がほぼ […]
  • 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?2020年11月17日 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?  最近、グローボTV局の看板キャスターが次々に画面から消えていることを不審に思っている読者も多いだろう。どこへ消えたのか――。実はその大半はCNNブラジルに行き、「グローボもどき」になっている。移籍報道を読むと「待遇の悪さから辞職した」などの当人たちの生々しいコメントも […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏2020年11月11日 JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏  「5年間本当にお世話になりました」││JETROサンパウロ事務所所長を5年間勤めた大久保敦氏(群馬県・56歳)は10月23日のオンライン取材でそう語った。  経済産業省が所管する独立行政法人・日本貿易振興機構(JETRO)サンパウロ事務所では、5年間所長を勤めた大久 […]