ホーム | ブラジル国内ニュース | ボリビア大統領選=エヴォの当選を再度発表=OEAは調査を求める

ボリビア大統領選=エヴォの当選を再度発表=OEAは調査を求める

 ボリビアの高等選挙裁判所は24日、開票率がほぼ100%に達した時点で、改めてエヴォ・モラレス氏の当選を発表した。だが、選挙中に疑惑が生じたことから米州機構(OEA)は詳細な調査を求めている。25日付ブラジル国内紙が報じている。
 24日の発表時の開票率は99・97%で、エヴォ氏が47・07%、2位のカルロス・メーザ氏が36・51%を得票。この時点で、「1位が40%以上で2位に10%ポイント以上の差」という条件を満たしていることから、エヴォ氏の4度目の当選が認められた。
 今回の選挙では、開票中の20日夜から約24時間、集計作業が止まった地域が出るなど、問題が発生し、メーザ氏や反エヴォ派の国民から不正を疑う声が出ていた。
 これを受けて、OEAも23日に緊急会議を開き、決選投票を行うことを勧めていた。米国やブラジル、アルゼンチンも決選投票を求めたが、エヴォ氏はこれを認めようとはしていなかった。
 今回の結果を得ても、OEAは開票結果の再調査を求めている。
 25日付G1サイトは、ブラジルやアルゼンチンに住むボリビア人による在外投票分が、エヴォ氏の再選を後押ししたと報じている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 特集=文協とCIATE共催=「在日ブラジル人30周年」ライブ=日伯の人的交流を底支え=両国で活躍する新世代紹介=文協65周年、外交125周年2020年11月13日 特集=文協とCIATE共催=「在日ブラジル人30周年」ライブ=日伯の人的交流を底支え=両国で活躍する新世代紹介=文協65周年、外交125周年  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)のネットワーク・プロジェクト委員会と国外就労情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)が11月6日、7日、8日に「在日ブラジル人30周年」を記念し、日本での就労や教育、帰伯後のことなど、様々なテーマに焦点を当てたディスカッションを […]
  • 東西南北2020年11月12日 東西南北  ボルソナロ大統領に「政界のミック・ジャガー」という、ありがたくないあだ名がつけられはじめている。世界的なロックスター、ミック・ジャガーはサッカーのW杯で応援するチームがことごとく負けるジンクスで有名。それに似ているというのだ。ボルソナロ大統領もここまで、アルゼンチン、ボリビア […]
  • 《ボリビア》左派アルセ新大統領が就任=エヴォ氏も亡命先から帰還2020年11月10日 《ボリビア》左派アルセ新大統領が就任=エヴォ氏も亡命先から帰還  8日、ボリビアでルイス・アルセ氏の大統領就任式が行われた。亡命していた前任者のエヴォ・モラレス氏が9日に帰国した。9日付現地紙、サイトが報じている。  就任式は午後2時から首都ラパスにある国民議会の議事堂で行われた。アルセ氏はこの席で、昨年行われた大統領選後の暴動を […]
  • 《記者コラム》コロナ禍に立ち向かう世界の日系社会現地報告2020年11月10日 《記者コラム》コロナ禍に立ち向かう世界の日系社会現地報告  毎年10月に東京で開催される「海外日系人大会」がパンデミックを受け、今年は「オンラインフォーラム2020《「コロナの時代を乗り越える世界の日系人」》(https://www.youtube.com/user/wwtjadesas/)として開催された。  初のオンライン開催の […]