ホーム | 文芸 | 刊行 | 『西風』節目の第10号=田中慎二追悼特集など多数収録

『西風』節目の第10号=田中慎二追悼特集など多数収録

『西風』第10号

 西風会(せいふうかい)は10月に『西風』第10号を刊行した。節目を記念した特別号。
 巻頭では、昨年9月に死去した田中慎二さんの一周忌をしのび、同氏の画文集『アンデスの風』から絵画とエッセイの一部を掲載。『西風』の装丁自体も田中氏が手掛けたもの。
 現在、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会ビル内ブラジル日本移民史料館(R. São Joaquim, 381 – Liberdade)で田中氏の回顧展も開催中。12月8日まで。
 本紙にも度々寄稿文を寄せる駒形秀雄さんは「世界の冠たる我が日本」と題し「日本人は他と比べ優秀か」という疑問について、日本人の民族や思想のルーツを参考に考える一文を投稿。
 大門千夏さんは、近所で屋台を出して果物を販売する商人とのエピソードを紹介。言葉を交わすこともないが、商人を気に掛け観察する著者の様子が伺える。
 本書では論文やエッセイ、小説、社会時評などの投稿も受付けており、掲載可否は同会が検討する。希望者には無料で配布する。発行部数は200部。入手希望、投稿の連絡は中島宏さん(メール=nakashima164@gmail.com)まで。
 同会は会員が毎月1回集まり、様々なテーマについて議論する私的な研究会。体験談や調査内容をまとめ、年に2回、出版を行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 八木書店=400年前の「日葡辞書」刊行=リオで発見、原本を高精細カラーで2020年4月18日 八木書店=400年前の「日葡辞書」刊行=リオで発見、原本を高精細カラーで  古典や古文書の複製出版に取り組む八木書店(東京都千代田区)が3月30日、日本語にポルトガル語で注釈を付した『リオ・デ・ジャネイロ国立図書館蔵 日葡辞書』=写真=を刊行した。400年前に日本に来た宣教師が、布教や信者の告白を聞くために参照したとされるキリシタン版辞書。ロ […]
  • 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行2020年3月28日 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行  日英ポルトガル語の3カ国語と先住民のニェエンガトゥ語による絵本『ひかるもり』(全64頁)が、昨年11月に刊行された。出版記念のイベントで2月25日~3月7日まで訪日していた、アマゾナス州都マナウスの国立アマゾン研究所(INPA)で研究員として勤める石川カズエ・ノエミア […]
  • 松田潤治郎『ハチドリの歌』=自費出版文化賞特別賞を受賞2020年3月21日 松田潤治郎『ハチドリの歌』=自費出版文化賞特別賞を受賞  松田潤治郎さんが2013年12月に埼玉で自費出版した「ハチドリの歌」が第22回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した。その功績を讃えて昨年12月15日、東京千代田区のアルカディア市ヶ谷で表彰式が行われた。  松田さんは1970年から通算17年間ブラジルで生活した経験を持 […]
  • 徳力啓三著=『知っておきたい日本の歴史』=薄くて充実、無料配布中2020年3月10日 徳力啓三著=『知っておきたい日本の歴史』=薄くて充実、無料配布中  2014年からブラジル日本会議の会長を務めてきた徳力啓三さん(79、三重県)が、昨年1年間がかりで毎月講演および座談会をしてきた日本史の内容を、この度一冊の本にまとめて『知っておきたい日本の歴史』として出版、希望者に無料配布している。  「日本の教科書を半分に抜粋し […]