ホーム | ブラジル国内ニュース | 〈チリ〉2つの国際会議の中止決定=APECとCOP25を断念

〈チリ〉2つの国際会議の中止決定=APECとCOP25を断念

 長引く民衆デモの影響で、チリのピニェラ大統領が、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議や第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)の開催を断念すると発表した。30日付現地紙サイトが報じている。
 これらの国際イベントの中止は、30日の午前中に発表された。大統領は「国内で起こっている問題があまりに大きく、誠に残念ながらAPECとCOP25の開催を断念せざるを得なくなった」と語った。
 APECは太平洋側に面している、アジアやオセアニア、米国など、21カ国が参加している。チリは今年の議長国に選ばれていて、11月16、17日の2日間、参加国間の商業や貿易などについての意見を交わすことになっていた。
 また、気候問題の国際会議としてはかなり大きな存在でもあるCOP25は、12月2~13日に開催される予定だったが、これも中止となってしまった。
 APECは特に、米国のトランプ大統領や中国の習近平国家主席など、世界の大物政治家らが集まる機会として注目されていたが、開催がかなわなくなったことで、チリの国際社会でのアピールの場も損なわれた。
 また、COP25の開催中止は、同国の環境活動家や科学者たちを落胆させている。COP25事務局は別の国での開催を模索しているという。
 また、チリではこの他にも、11月23日にサッカーのリベルタドーレ杯の決勝戦「フラメンゴ対リーヴェル・プレイト戦」を開催することになっている。南米サッカー連盟は、同国でのデモが続いていることや、中止に追い込まれたイベントと開催時期が近いこともあり、同国での開催を危ぶんでいたが、チリのセシリア・ペレツ・スポーツ相は30日、同杯の決勝はサンチアゴで行うと念を押した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 《記者コラム》チリやコロンビアの若者を見習って日本も意思表示したら?2021年5月25日 《記者コラム》チリやコロンビアの若者を見習って日本も意思表示したら?  「今から自分たちの憲法を作るんだ!」という意気揚々としたチリのニュースを聞きながら、国民の勇気をうらやましく思った。世界でも「SNS時代初の憲法」として注目されている。  というのも、本紙2019年11月19日付《憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか?》(ht […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年10月22日 東西南北  20日、サンパウロ市では前日に続いて午後に激しい雨が降り、各地で被害が報告された。大サンパウロ都市圏にまで広げてみた場合、消防には洪水で44回、倒木で44回、土砂崩れで4回の通報があったという。サンパウロ市内では前日に続いて北部での被害が大きく、豪雨で押し流された車が次々と路 […]