ホーム | コラム | 樹海 | スーパーエルニーニョと大災害

スーパーエルニーニョと大災害

 風台風15号と雨台風19号による被害が続いた日本。1日も早い復旧を願わされる中、28日にスーパーエルニーニョと地球温暖化に関する記事を読んだ▼エクアドルに近い赤道付近の海面水温が平年より高い状態が1年以上続き、世界各地で大雨や干ばつなどを引き起こすエルニーニョ現象。だが、ハワイ大学の研究によると、地球温暖化が進み、今後は海面水温が平年比3~4度も高くなるスーパーエルニーニョがより頻繁に起き、台風やハリケーンの発生増加や気温上昇を招くという▼同大学によれば、スーパーエルニーニョは1982年と98年、2015年の3回起きている。7月5日付のbp―Aニュース(日本語)では、1997年と2015年に起きたとあり、若干食い違うが、ハワイ大学の研究者は、1970年代以降は海面水温の上昇が起きる場所が太平洋東部から太平洋西部に移り始め、異常気象が激化しているという。日本語報道では、北西太平洋域の熱帯収束帯(モンスーントラフ)の大気変動の大きさと台風の数に相関関係があるとしている▼海水温や海水の酸性度の上昇と人間の諸活動や地球温暖化が密接に関係している事は数年前からいわれており、スーパーエルニーニョの頻度上昇の記事は今後の自然災害激化も予測させる。近年は人的活動や地球温暖化と風水害の増加を関連付ける説も増え、ブラジルでは干ばつも激化。29日にはミナス州ベロ・オリゾンテで月間降水量の半分の雨が降り、大きな被害を出したが、これも温暖化の影響の一例といえそうだ。ボウソナロ大統領は森林伐採の影響や地球温暖化を否定するが、科学者は彼の見解を覆す説ばかり出している。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]
  • 新しいものは基本があってこそ2019年11月7日 新しいものは基本があってこそ  NHKの番組で、新しいスタイルの文字(字体)を作る人は、最初の数カ月間、ひたすら明朝体の文字を模写すると聞いた。完璧に書き写したつもりでも、ベテランから線の幅やふくらみなどを直される様子を見、新しいものを作り出す前に基本を体に染み込ませる必要があるのだと痛感した▼手書き感のあ […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]