ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》10月インフレ率は0・1%=10月として、21年ぶりの低い数値

《ブラジル》10月インフレ率は0・1%=10月として、21年ぶりの低い数値

 ブラジル地理統計院(IBGE)は7日、10月の広範囲消費者物価指数(IPCA・公式インフレ率)は0・10%だったと発表。10月の値としては、0・02%だった1998年以来、21年ぶりの低インフレだった。
 今年1月から10月までの累積は2・60%で、昨年11月から今年10月までの直近12カ月間の累積は2・54%だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年2月8日 大耳小耳  『楽書倶楽部』第36号(日毎叢書企画出版)が2月に刊行された。米国NY在住の野口有紀子さんの「家庭内の異文化交流」では、米国式に育った娘と純和式の本人による、クリスマスと年末年始をどう祝うかで「和平の道のない日米戦争」が繰り広げられた様子がユーモラスに描かれている。《亡き阿部 […]
  • 大耳小耳2018年10月16日 大耳小耳  ジャパンハウス(Av. Paulista, […]
  • グアラピランガ=月に1千袋のゴミの山=400万人の水がめを脅かす=達成なるか河川浄化計画2009年4月15日 グアラピランガ=月に1千袋のゴミの山=400万人の水がめを脅かす=達成なるか河川浄化計画 ニッケイ新聞 2009年4月15日付け  サンパウロ総合大学では十四日、サンパウロ州河川の問題を扱うセミナー「サンパウロ州の川」が開催されたが、サンパウロ市南部グアラピランガ湖で回収されるゴミは月に一〇〇〇袋と十三日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 貿易パートナー=伯米が伯中に代わる=異る価値観と歴史観に挑戦2010年1月28日 貿易パートナー=伯米が伯中に代わる=異る価値観と歴史観に挑戦 ニッケイ新聞 2010年1月28日付け  国際法弁護士事務所のエドアルド・F・マチアス氏は26日、ブラジルが1930年から79年間続いた伯米貿易を、対中国へ切り替えたことを明らかにしたと27日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 大耳小耳2019年3月30日 大耳小耳  ブラジル日本会議の新企画、連続講演会「日本人の歴史物語」の第1回が26日に開催され、10数人が参加したという。講演した徳力啓三理事長によれば、午前は質問を受けながら徳力さんが話し、午後は座談会方式で意見交換をして、「有意義な話ができた」とのこと。ただし、会話が盛り上がりすぎて […]