ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》アプリの宅配サービス流行で思わぬ副作用=配達人の制服着た強盗が頻発

《ブラジル》アプリの宅配サービス流行で思わぬ副作用=配達人の制服着た強盗が頻発

 サンパウロでは現在、スマートフォンアプリを使って、レストランからの宅配を廉価で受けられるサービスが流行している。

 食べ物を入れた大きな箱型のリュックを背負い、目立つチョッキを着て自転車やバイクに乗って走る姿は街の風景として定着した。

 サービスを享受できる利用者、売り上げアップに繋がるレストラン、景気回復が遅れ、なかなか職につけない中、せめてもの収入を得られる配達人に、手数料を得られるアプリ運用会社などよいこと尽くめに思えるが、最近は、配達人の格好をした強盗犯が出没し、犯行を繰り返している。

 元ブラジル公共治安局長のジョゼ・ダ・シルヴァ氏は、「サンパウロ州内では月50万件の強盗事件が起きている。そして、犯罪にもブームがある」と語る。

 配達アプリにはRappi、iFOOD、UberEatsなどがあるが、強盗犯はそもそも本当に配達人なのか、それとも、インターネットの売買サイトで、配達人のチョッキやリュックを買い、配達人を装っただけの無関係な人物なのかはわかっていない。

 Rappiは、自社の制服を着た人間による強盗が頻発している事は遺憾だとしながら、「制服はネット売買サイトで簡単に買えること」、「制服を着た人間がRappiの配達人か定かではないこと」、「そもそも配達人はRappiと雇用/被雇用の関係にはないこと」を強調した。

 自社のリュックを背負った人間による強盗事件が防犯カメラの映像でも確認されたiFOODは、「iFOOD配達人用のリュックを正規に買えるルートは一つだけ。横流しを防止するための措置を講ずる」とした。

 UberEatsは取材に対し、「提示された情報、画像、映像だけでは、同社関係者が犯罪にかかわっているかは判断できない」と述べるに止まった。(3月31日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も2020年11月26日 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も  10月24日にサンパウロ市のサンパウロ日伯援護協会本部ビル5階で評議会が行われ、2021年から22年度の理事会役員の単一シャッパが承認され、税田(さいた)パウロ清七(せいしち)氏が会長に就任することになった。税田新会長は援協理事会に23年間も所属し、うち6年間は副会長 […]
  • ヒト街点描=没後50周年記念アート?=東洋街に謎の三島由紀夫ポスター2020年11月26日 ヒト街点描=没後50周年記念アート?=東洋街に謎の三島由紀夫ポスター  サンパウロ市の地下鉄リベルダーデ駅周辺に三島由紀夫のポスターが21日頃から大量に貼り出されている。ポスターには「春画」との署名印がされているが掲示者の詳細は不明。  三島由紀夫(1925年~1970年)は戦後の日本文学界を代表する作家の一人。代表作に『金閣寺』『憂国 […]
  • 「ブラジルには人種差別はない」?2020年11月26日 「ブラジルには人種差別はない」?  19日夜、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで起きた黒人のジョアン・アルベルト(通称ベト)・フレイタス氏死亡事件は、国内外に衝撃を与えたが、正副大統領は揃って「ブラジルには人種差別はない」とのたもうた。  米国は「人種のサラダボウル」(多種共存状態)と言われ […]
  • 《サンパウロ州内陸部》重武装20人組が銀行強盗=深夜に警察と激しい銃撃戦2020年11月25日 《サンパウロ州内陸部》重武装20人組が銀行強盗=深夜に警察と激しい銃撃戦  サンパウロ市から北西に270キロ離れた内陸中核都市アララクアラ市で24日未明、小銃や爆発物などの重火器で武装した約20人の犯罪者集団が銀行強盗を試み、警官と銃撃戦を繰り広げた。  犯罪者達が狙った銀行は、同市中央部にある連邦貯蓄銀行(Caixa)とブラジル銀行だ。 […]
  • 《サンパウロ市市長選》ボウロスが現職コーヴァスに肉薄=8%P差にまで迫る=再び左派政権誕生?2020年11月25日 《サンパウロ市市長選》ボウロスが現職コーヴァスに肉薄=8%P差にまで迫る=再び左派政権誕生?  29日に決選投票を控えたサンパウロ市市長選は、現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)と、左派のギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)の差が急速に縮まってきており、余談を許さない状況となってきている。24日付伯字紙サイトが報じている。  ダッ […]