ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル南部》州立学校襲撃事件が発生=教師が武器奪い、死者は出ず

《ブラジル南部》州立学校襲撃事件が発生=教師が武器奪い、死者は出ず

 ブラジル南部リオ・グランデ・ド・スル州の州都ポルトアレグレ近郊のシャルケアーダ市の州立アシス・シャトーブリアン校に21日昼過ぎ、4年前まで同校に在籍していた17歳の少年(氏名非公表)が小型の斧を持って押し入り、生徒らを襲撃。生徒6人と教師1人の計7人が負傷した。21、22日付現地各紙・サイトが報じている。 
 教師がこの少年に立ち向かい、斧を取り上げたため、死者が出るという最悪の事態は避けられた。また、重傷者も出ていない。
 州立アシス・シャトーブリアン校は初等、中等教育課程(小中学校~高校)、専門課程を教える学校で、合計700人の生徒が通っている。
 犯人は2015年まで同校に通っていた元生徒だ。最近は妹の送り迎えで頻繁にこの学校に来ていた。日々の送り迎えの際、学校の様子や生徒、教師の動きなどを探っていたと思われる。
 また、今年3月にサンパウロ州スザノ市で起き、10人の死者が出た学校襲撃事件も細かく調べており、襲撃用のガソリンや(火炎瓶用の)ガラス瓶、ライター、ロープに斧を揃え、リュックサックに入れて現場に向かった。
 警察によると、犯人は学校に火をつけ、2015年より不仲だった男子生徒を殺し、自殺するつもりだったという。事態は計画通りに進まず、校内の一室で火炎瓶を投げた後、斧を手に生徒らを襲い始めたものの、教師のジュリアーノ・モントヴァーニ氏が斧を取り上げ、犯人を押し倒した。
 教師が負傷者を助けに走ったため、犯人は塀を越えて逃げ、別居中の父親の家に行って事件を起こしたことを告げた。父親は息子を警察に引き渡した。犯人は「学校では疎外感を感じていた」と供述しているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》若者のネット事情調査=2/3が「いじめ増える」と回答=ネット中毒に警鐘の声も2019年9月18日 《ブラジル》若者のネット事情調査=2/3が「いじめ増える」と回答=ネット中毒に警鐘の声も  ブラジルの非営利団体レッジ・コニェシメント・ソシアルが行ったアンケート調査「青少年とつながり」第三版によると、15~29歳の青少年の3人に2人は、インターネットの存在がいじめを増やし、孤独感を増幅させると考えており、57%がインターネットは不安感を掻き立てると回答したと、17 […]
  • 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ2019年9月17日 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ  2020年末までに、サンパウロ市役所は市内に10カ所の公園を開園する予定だと、14日付現地紙が報じている。  これは市が今年4月に公表した「プラノ・デ・メッタス」と呼ばれる計画の一環で、2020年末、つまりブルーノ・コーヴァス市長の任期終了までに、10の公園を作るというもの […]
  • ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手2019年9月17日 ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手  ポルトガル出身の異色の歌手として人気だったロベルト・レアルが15日、皮膚がんの一種のメラノーマのために亡くなった。67歳だった。  ロベルトは1951年にポルトガル北部のマセド・デ・カヴァレイロスで生まれたが、11歳のときに、両親や9人の兄弟と共にサンパウロに越してきた。 […]
  • 《ブラジル》積立退職金の支払い措置で銀行の営業時間延長=景気刺激策で最大500レアル2019年9月14日 《ブラジル》積立退職金の支払い措置で銀行の営業時間延長=景気刺激策で最大500レアル  【既報関連】13日から始まった勤続期間保障基金(FGTS)の支払いのため、FGTS取り扱い銀行の連邦貯蓄銀行(Caixa)は、営業時間を延長して対応していると、12、13日付地元ニュースサイトが報じた。  ブラジル政府は、景気刺激策として、FGTS口座からの引き出しを1口座 […]
  • ボウソナロが映画検閲か?=軍政時代のゲリラ描いた映画が公開無期延期に2019年9月14日 ボウソナロが映画検閲か?=軍政時代のゲリラ描いた映画が公開無期延期に  「ボウソナロ政権が映画の検閲を開始か?」―。そうした憶測はすでに数カ月前から起こっていたが、「それが現実になるか」と思われる出来事が起こった。  12日、映画配給会社のO2フィルムズは、同社が11月20日から公開する予定だった映画「マリゲーラ」の公開が無期延期になったと発表 […]