ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル南部》州立学校襲撃事件が発生=教師が武器奪い、死者は出ず

《ブラジル南部》州立学校襲撃事件が発生=教師が武器奪い、死者は出ず

 ブラジル南部リオ・グランデ・ド・スル州の州都ポルトアレグレ近郊のシャルケアーダ市の州立アシス・シャトーブリアン校に21日昼過ぎ、4年前まで同校に在籍していた17歳の少年(氏名非公表)が小型の斧を持って押し入り、生徒らを襲撃。生徒6人と教師1人の計7人が負傷した。21、22日付現地各紙・サイトが報じている。 
 教師がこの少年に立ち向かい、斧を取り上げたため、死者が出るという最悪の事態は避けられた。また、重傷者も出ていない。
 州立アシス・シャトーブリアン校は初等、中等教育課程(小中学校~高校)、専門課程を教える学校で、合計700人の生徒が通っている。
 犯人は2015年まで同校に通っていた元生徒だ。最近は妹の送り迎えで頻繁にこの学校に来ていた。日々の送り迎えの際、学校の様子や生徒、教師の動きなどを探っていたと思われる。
 また、今年3月にサンパウロ州スザノ市で起き、10人の死者が出た学校襲撃事件も細かく調べており、襲撃用のガソリンや(火炎瓶用の)ガラス瓶、ライター、ロープに斧を揃え、リュックサックに入れて現場に向かった。
 警察によると、犯人は学校に火をつけ、2015年より不仲だった男子生徒を殺し、自殺するつもりだったという。事態は計画通りに進まず、校内の一室で火炎瓶を投げた後、斧を手に生徒らを襲い始めたものの、教師のジュリアーノ・モントヴァーニ氏が斧を取り上げ、犯人を押し倒した。
 教師が負傷者を助けに走ったため、犯人は塀を越えて逃げ、別居中の父親の家に行って事件を起こしたことを告げた。父親は息子を警察に引き渡した。犯人は「学校では疎外感を感じていた」と供述しているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]