ホーム | 日系社会ニュース | 陸上マスターズでアナスピ1位=97歳、川端さんも大健闘

陸上マスターズでアナスピ1位=97歳、川端さんも大健闘

来社した仲村会長、江藤マリア書紀、川崎運動部長

 アナスピ・マスターズ陸上会(仲村昭治会長)は「第30回全伯日系陸上競技大会」を10月6日にサンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の市営陸上競技場で開催した。
 ノロエステ、南西サンパウロ、イビラプエラ、ピラチニンガ、北パラナ、モジ・ダス・クルーゼス、アナスピの各チームから計405人の選手が参加した。最高齢選手は、男子では97歳の川端けいぶんさん(北パラナ)、女子では85歳の小川すみ子さん(ピラチニンガ)だった。
 個人種目は5歳きざみ、リレーは10歳きざみで別カテゴリーに分かれて記録を競った。個人・リレーの総合結果から、チーム別に次の順位が決まった。
 1位=アナスピ(2497点)、2位=南西サンパウロ(2277点)、3位=北パラナ(435点)、4位=ノロエステ(322点)、5位=ピラチニンガ(247点)、6位=イビラプエラ(223点)、7位=モジ・ダス・クルーゼス(205点)
 来社した川崎義雄アナスピ運動部長は、「97歳の川端さんは大正生まれ。幅跳び、100メートル走、砲丸投げ、円盤投げで全部1位でした。まだ参加したことない方も、ぜひ来年はご参加を」と呼びかけた。
 仲村会長は「悪天候にも関わらず、無事に終了できたのは、参加してくださいました選手の皆さんをはじめ、スタッフのご協力のおかげ。感謝にたえない」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日野さんオンライン講演=移民について考える会2020年6月13日 日野さんオンライン講演=移民について考える会  ブラジル移民について考えよう会が主催する「移民に日について考えよう会」が、18日(木)9時よりオンラインアプリZOOMにて行なわれる。ブラジル日本語センターが協賛。  主に日本語教育関係者や日本語学習者が対象。当日は、ブラジル日本語センター教育副理事長を務める日野寛 […]
  • スラム街の子供らを支援=慈善ヨガイベントを開催2020年6月10日 スラム街の子供らを支援=慈善ヨガイベントを開催  「新型コロナの影響はファベーラにもでています。お世話になったブラジルへの恩返しとして、自分はなにができるかということを考えた時、このイベントを行おうと思いました」――チャリティーヨガイベントの立案者、ヨガ講師の鈴木友紀菜さん(32歳、神奈川県)はそう語った。  鈴木 […]
  • 文協=6月20日に国際日系デー=オンラインで世界から参加2020年6月10日 文協=6月20日に国際日系デー=オンラインで世界から参加  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は6月20日(土)20時に、「国際日系デー」を祝うためのオンラインイベントをユーチューブとフェイスブック上で生中継する。人気バンド「パット・フー」の歌手、高井フェルナンダさん、野口泰在サンパウロ日本国総領事やブルーツリーホテル […]
  • 鬼木専門学校=コロナで授業中止、診療所閉鎖=資金難で存続困難の危機に=クラウドファンディング開始2020年6月5日 鬼木専門学校=コロナで授業中止、診療所閉鎖=資金難で存続困難の危機に=クラウドファンディング開始  「現在、学校も併設する診療所も閉鎖しており、収入がゼロです。このままでは閉校も余儀なくされます」――鬼木東洋医学専門学校(鬼木結子理事長)は、コロナ感染拡大防止のクアレンテナ(検疫)により学校や診療所が営業出来なくなったことから収入源がたたれ、学校存続が危ぶまれている […]
  • パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」2020年6月9日 パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」  「コロナに対する怖さは、戦時中の日本での生活に比べたら平気です。いつ爆弾が降るかわからないあの恐怖は、言葉で表せません。それでも、この自粛生活はストレスが溜まりますね」―大戦中を熊本県で過ごした帰伯二世、パラナ州ロンドリーナ市在住の汎熊本県人会元会長中川芳則さん(92 […]