ホーム | 日系社会ニュース | プロミッソン=令和記念して第1回灯ろう流し=千挺浮かべ、上塚周平ら弔う

プロミッソン=令和記念して第1回灯ろう流し=千挺浮かべ、上塚周平ら弔う

灯ろうを流すのを待つフランコ市長、前田文協会長、野口総領事、安永連合会長

 プロミッソン日伯文化体育協会(前田ファビオ会長)とプロミッソン市が共催し、令和時代を祝してサンパウロ州プロミッソン市で「第1回灯ろう流し」が今月2日に開催された。
 同イベントには野口泰在サンパウロ総領事、アルツル・マノエル・ノゲイラ・フランコ市長、ノロエステ連合日伯文化協会の安永信一会長が出席。慰霊法要は、リンス西本願寺の岡山智浄住職とマトリズ・デ・プロミッソン教会のアンドレ・レモス神父が執り行った。
 岡山住職は、法話で「ブラジルでは、レジストロ市で灯ろう流しが65年間行われており、今年はこのノロエステ地方で始まった。同じように先人を想い継続するように願っている」と語った。
 祖先に加え、今年日本で甚大な被害を及ぼした台風19号の89人の犠牲者に弔意を表し、1分間の黙祷が行われた。
 前田会長は灯ろう流しを開始した理由を、「この地に貢献した先人に敬意を表するため」とし、「日本では、お盆に死者の魂が家族を訪れると言われており、先人を慰め弔うために灯ろうを川に流すという」と灯ろう流しの意義を説明した。
 更に、昨年同地に眞子内親王殿下がご来伯され、今年は新天皇が即位し令和時代になったことに言及し、「新しい時代に始まったこの日本文化の行事が、今後も続くように」と全ての人の繁栄と平和を祈って締めくくった。
 参加者らはパトス川河畔の貯水池にいき、野口泰総領事によって〃移民の父〃上塚周平の名前が書かれた灯ろうを浮かべた。また、前田会長は、同地で上塚周平と共に同市の発展に貢献した間崎三三一の灯ろうを浮かべた。灯ろうは約千挺分作られたという。
 カフェランジアから参加した平野農村文化体育協会の会員らも、入植僅か半年で80人以上もマラリアの犠牲者となったことを弔うために参加。
 イベントでは、ショーや、盆踊り、祭りダンスなども行われた。ジョルナル・ニッパキ紙によれば、前田会長は「次回はアトラクションを増やすかもしれないが、先祖供養の意義を忘れないように執り行っていきたい」と語った。

ノロエステ地方で初めての灯ろう流し


□関連コラム□大耳小耳

 今まで灯ろう流しの記事中では、灯ろうを数える際に「基」を使ってきた。これでも間違いではないようだが、主に「石灯ろう」などを数える時に使うよう。灯ろう流しでは「手で提げる灯ろう」を使うので「挺」か「丁」の方が適しているとのこと。やっぱり日本語は難しい?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系農業功労者4人を顕彰=第49回山本喜誉司賞授与式=祖先への感謝の気持ち込め2019年11月15日 日系農業功労者4人を顕彰=第49回山本喜誉司賞授与式=祖先への感謝の気持ち込め  日系人農業従事者の中から農業に大きく貢献した人を顕彰する「第49回山本喜誉司賞授与式」が、8日午後7時から文協貴賓室で行われた。受賞者は次の4氏。植物病理学におけるウイルス研究者でブラジルに科学的知識を普及させた北島英理雄さん(83、サンパウロ州レジストロ市出身、サン […]
  • JH「協賛企業を募集中」=五輪スポーツイベントも2019年11月14日 JH「協賛企業を募集中」=五輪スポーツイベントも  ジャパン・ハウス(JH、マルセロ・マトア・アラウジョ館長)は「第14回運営委員会」を先月30日午前にセミナールームで開催した。協賛企業「ハウスメンバー」の獲得数増加を目指す他、来年の東京五輪に向けて、スポーツのイベントを今後増やす方向性が打ち出された。  同館の来館 […]
  • 来年の白鵬杯にブラジル初招待=本紙の記事見て招待を決断=サンパウロ市土俵で選手お披露目2019年11月14日 来年の白鵬杯にブラジル初招待=本紙の記事見て招待を決断=サンパウロ市土俵で選手お披露目  ブラジル相撲連盟(土屋守雄オスカル会長)主催の「第19回ベテラノ相撲大会と幼少年評価大会」が、10日午前9時から、サンパウロ市のミエ・ニシ野球場内土俵場で開催された。今回の大会では、一般社団法人白鵬ドリーム基金からの招待を受け、来年2月2日に両国国技館で開催される「第 […]
  • 明治維新は非西洋的大変革=北岡JICA理事長来伯講演=国民の政治参加進めた近代日本2019年11月13日 明治維新は非西洋的大変革=北岡JICA理事長来伯講演=国民の政治参加進めた近代日本  国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長は「日本開発研究プログラム(フジタ・ニノミヤチェア)」に関する特別講演を4日夜、サンパウロ市セントロ区のサンパウロ州立総合大学(USP)法学部講堂で行い、約400人が聴き入った。北岡理事長は「歴史的に世界を先導してきたのは西欧だ […]
  • モンチアズールで文化祭=日本からもボランティア2019年11月14日 モンチアズールで文化祭=日本からもボランティア  ファベーラ地区で教育・福祉ボランティア活動を行うドイツ系NGO団体モンチアズール・コミュニティ協会(ウテ・クレーマー代表)が10月27日、サンパウロ市南部ジャルジン・オリゾンテ・アズール地区の同協会学校で毎年恒例の「Festa dos […]