ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》高等選挙裁がワッツアップに説明求める=大統領選でのフェイクニュース大量送信で

《ブラジル》高等選挙裁がワッツアップに説明求める=大統領選でのフェイクニュース大量送信で

 高等選挙裁判所(TSE)は7日、ワッツアップに対し、昨年の大統領選の際に大量のフェイクニュースを流した疑いのある企業に関する報告を求めた。11日付現地紙が報じている。
 これは昨年の大統領選の際、クイックモービルやヤコウズ、クロック・サーヴィス、SMSマーケットといった企業が、第3者名義で不正に購入したチップを数百枚も使い、ジャイール・ボウソナロ氏に有利になるようなフェイクニュースを大量に流していたとされる疑惑だ。この件は、昨年12月にフォーリャ紙でも報じられていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ